ぼっちバイカーのブログ

KTM 250EXCでオフ車を楽しむ初心者バイカー。家庭もバイクも両立して楽しみたい!そんな野心を秘めた趣味ブログ。バイクは2018年でおしまい

冬が終わったのでキャブレターを夏セッティングにした話

こんにちは。ぼっちバイカーです。

冬はもう終わり。最近は気持ちの良い春の気候が続いています。

という事でキャブレターセッティングを冬仕様から夏仕様に変更しました。

キャブレター?

僕の愛車、KTM 250EXCは2017年式の公道走行可能な"キャブレター車"です。

f:id:botti_bk:20180413104554j:plain

キャブレターなんて知らない人が大半だと思いますので軽く紹介すると。。

バイクはガソリンと空気を混合して爆発させてますが、この混合比率を始めから決め打ちでセットしないといけないのがキャブです。ベストなガソリンと空気の比率は高度や空気の湿度(つまり気候)で変わる…つまり気候や高度が変わったらキャブ設定を変更しないといけません。しかもこれらのセットはボタンとかじゃなくて、"ニードル"や"ジェット"と呼ばれる小さいパーツを交換したり取り付け位置を変えたりしないといけない。キャブの種類にもよりますが、僕の知る限り設定項目は6項目くらいあります。それらを色々いじってベストなセッティングを出すのです。

f:id:botti_bk:20180413104642j:plain
MIKUNI TMX 38mm

…安心してください。

現代である21世紀のバイクはみんなFIという装置が空気中の酸素等をセンサーで検知し、ベストなガソリンと空気の割合を常に動的に決めてくれるのです。しかもこれらのセッティングはマップと呼ばれるデジタルデータ。パソコンを繋いでボタンをポチポチすればガソリンまみれにならずにセッティングを変更する事が出来ますし、データなので劣化なしでコピーする事が可能です。

残念がら僕の21世紀のバイクは20世紀のキャブレターなので、待っていてもキャブセッティングは変わってくれません。

なのでしぶしぶですが「冬」と「夏」だけでもセッティングを変えることに決めたのでした。

セッティングはJD Jettingを信じる

殆どの方は興味ないと思いますが、キャブセッティングは「エンジンが焼き付かないようにガソリンが濃いセッティングから薄くしていく」のがセオリーです。それをコースや庭などで一つ一つジェットやニードルをいじりながらベストなセッティングを出します。

がそんなのやってれないので、キャブのプロがその作業をやってくれ、さらにジェットやニードルを改良してくれたキットを使います。輸入となりますが1万円くらい。それがJD Jettingキットです。

f:id:botti_bk:20180413104257j:plain
JD Jetting kit

セッティングにもいくつかパターンがあり「ハイスピード系や砂漠等エンジンぶん回す人向けセッティング」と「ウッズ等テクニカルなトレイルがメインの人向けセッティング」があります。もちろん僕は後者。

JD Jettingキットに書かれているオススメセッティングはこれでした。

  IDLE NEEDLE JET NEEDLE CLIP MAIN
30 S-1 JD青 2.5 420
32.5 S-1 JD青 3.0 430

※Air Screw ~1.5

僕の心の師匠で同じ2017年式のKTM 250EXCに乗られている Tokyo Offroad師匠も上記セッティングでばっちりだったと話していたので日本でも行けるはず。

という事で去年の冬に上記セッティングへ変更しており、今回はこれを春のセッティングに変更するってワケです。

詳しい経緯はここで書いてます

www.botti-bk.com

変更点は3つだけ

今回変更するのは以下3つだけです。

  • アイドルジェット
  • メインジェット
  • クリップポジション

今回の変更は、

  • アイドリングジェットは番手を下げるので「低回転が薄くなる
  • クリップポジションは下げるので「中回転域が濃くなる
  • メインジェットは番手を下げるので「中-高回転域が薄くなる

ってわけです。

早速作業していきます。

作業

作業手順はさらっと。詳しくは

https://www.botti-bk.com/entry/2017/11/17/222313

を見てみてください。


今回交換するメインジェットとアイドルジェット

横着してリードバルブ側とエアクリボックス側の金具を緩めてキャブをぐるっと回します。

このドレンボルトを抜いて、ガソリンを排出します


ガソリン臭い…


やぁ!


とりあえずMJを交換して既定トルクでしめます

アイドルジェットはキャブの底を外さないと厳しいので、キャブのネジ(プラス)を外すことに。

・・・ここで事件が!

なんと、プラスネジをなめてしまいました涙 また!!!

(…テンパりすぎて肝心の写真なし)

現状のキャブをぐるっとした状態でどうにかできる気がしないので、覚悟を決めてキャブをバイクから外すことに。

ボルト2本緩めてシートを外してボルト1本緩めてタンクを外して、ボルト2本外してリアフェンダーを持ち上げます。


ッソーイッ!


キャブを外した

ネジ頭をつかんで回せるという「ネジザウルス」というアイテムを買ってみましたが、舐めたネジの周りが狭くてネジザウルス君効果発揮できず…

ネジザウルス君「自分たちのサッカーが出来なかった

僕「良く頑張ったネジザウルス!戻れっ!

僕「次のポケモンは…

僕「カルケン (id:karuken15)くん!君に決めた!

っぽーんっ!!!


やぁ!(カルケンさん withハイゼット)

この日は、一度も使っていなかった僕のコットをカルケンさんに譲る話になっており、うちまで来てもらっていたのでした。

コットの話をする前にしれっとバイクの前に連れて行き、最大限の困った顔で「実は先ほど大事件が…ネジを…舐めてしまったんです…(悲壮感)」と伝える。

すると彼はおもむろにハイゼットから自身の工具箱を持ってきて…

カルケンさん「安心してください!貫通ドライバーでやってやりますよ!

と一言。次の瞬間には・・・・

カルケンさん「…ネジ、外れましたよ

僕「ありがとうございます…ありがとうございます…!


こうして


こうっ!!


ドライバにスパナ!?

カルケンさんという最強の専属ポケモン整備士のおかげで一命を取り留めました…本当にありがとう!!!!

後で真面目に話を聞くと、ドライバーには貫通ドライバーと呼ばれるドライバーの芯が下から上まで来ているタイプのものがあるそう。貫通ドライバをネジに当てて上からバシバシ叩くとネジ穴が復活したり、衝撃でねじが緩むことがあるんだとか。。。

しゅ、しゅごい・・・

これでねじ舐め放題!ではないですが万が一の時に何が出来るのかを知っておくことは非常に大事だと感じました。こういう知識や技術も工賃ってことなんだよね。

・・・恨めしい舐めたネジは捨てて、プラスでなく六角のねじに付け替え。無事にアイドルジェットを交換する事が出来たのでした!!!

カルケン先生、本当にありがとうございました!!!!

感謝の意を込めて彼のかっこいい写真を宣伝させてくださいよ!!

f:id:botti_bk:20180412195923j:plain
FOO↑

さて。

キャブの一件が落ち着いたのでカルケンさんは本来の目的であるコットのテスト。


ティンティンティロリーン♪

無事社内に収まり、なかなかいい感じの模様。これならレースでやられた「せんとうふのうじょうたい」もかいふくできますね!

お買い上げありがとうございました!!!

インプレ

ナンバーも保安部品もついていないので庭でアイドリングだけテスト。一発目はキックと決めてるのですが無事エンジンかかりましたっ!


感動の涙と煙で何も見えませんっ

主にアイドルジェット変更が効いたのでしょうが、アイドリングが今までより落ち着いておりキャブセッティングがあっていると感じました。(前は息継ぎというかぜんそくしてるみたいに早いペースでデンデン言ってた)

メインジェットもきっと前よりバッチシな気がします。気軽にテスト出来ないのがつらいところですね…

まとめ

キャブレターのセッティングを冬から春へ変更しました。

途中トラブルもありつつ、カルケンさんに助けて頂き何とか完了。やはり整備は常に気を付けないと怖いですね。カルケンさんに、感謝!!!

今月末には日野ハードエンデューロがあるので今から震えていますが、練習する時間が取れないの。悪あがきで日野ハード対策にとあるパーツを買いましたがそれはまた次回。お楽しみに!!!

こんな感じ。

PVアクセスランキング にほんブログ村