ぼっちバイカーのブログ

KTM 250EXCでオフ車を楽しむ初心者バイカー。家庭もバイクも両立して楽しみたい!そんな野心を秘めた趣味ブログ。バイクは2018年でおしまい

赤スプリング+ハンドル高上げがやっぱりよかった話

こんにちは。ぼっちバイカーです。

以下記事でKTM 250EXCのカスタムというか調整をしました。

www.botti-bk.com

www.botti-bk.com

補助スプリングを赤にすることでパワーやトルクが最大限発揮されるようにしたのと、ハンドルの高さを30mm上げたのでした。

この状態でさっそく近くの庭で試走して来ましたヨ!

赤スプリングいいわ…

なんでもっと早くしなかったんだろう、というくらいパワー感が増しました。

f:id:botti_bk:20180220104747j:plain
赤が赤スプリング

パワー感が増すので扱いづらいかなぁと思っていましたが、5000 rpmまでは今までと変わらないのです。

なので今まで中回転域が「デュデュデュ」って感じでパワーが無いと感じていた部分が見事に解消されたって感じ。

「ここから欲しい(パワー)」って時にパワーバンドが来るので手軽にパワーを引き出せるように感じます。(と言いつつ、いつもの感覚でアクセルを開けた結果体が置いていかれることが何度もあった)

折角2ストバイクに乗っているのだから、パワーバンドを最高に感じることがで着る赤スプリングでいいんじゃね?って感じでしょうか。

デメリットとして感じたのは公道。

僕は自走もするのですが公道では「パワーバンドの下」あたりを維持して走っています。今まで常用していた回転域が赤スプリングだともろパワーバンドで疲れます。でも赤スプリングでのパワーバンド下だと回転数が低過ぎて扱いずらい。結局ギアを1つ上げて、走るような感じでしょうか。それでも速度維持が難しかったりでパワーバンドをチョコチョコ使う羽目になりタイヤは気持ちよく削れていきましたね涙

パワーバンド維持すると燃費も気になるので公道走行はますます大変になりました…。

ハンドル高30mmは大勝利だった

ハンドルの高さを思い切って30mm上げてみました。

一言で言うと自分にあっている感覚。なんなら走り出してしばらくハンドルを高くした事を忘れていたほどしっくりきました。

まずシッティング。今までは頭の中で意識的に腕を上げていないと腕が下がってしまったのですが、ハンドルが高くなったことで無意識でもそこまで腕が下がらなくなりました。かといって高すぎると感じるほどでもないし、ちょうどいい。たまにビルの窓ガラスに自分の姿が反射するのを見ると、前より良い姿勢に見えました。シッティングは問題なし。

次にスタンディング。元々はスタンディングでハンドルが低すぎることが気になっていました。今まで足の膝をまっすぐにするとハンドルが遠すぎて腰が痛くなっていたのが、程よく前傾姿勢に慣れて楽に。腰が痛くて膝を曲げてると今度はスクワット状態で太ももが熱くなっていたのですがこれが無くなったのでスタンディングが本当に楽になったと感じました。

ヒルクライムとかウッズも走行してみましたが、特にハンドルを押さえつけられない、と感じることはなかったですし、スタンディングを積極的に使う事が出来るようになったので高さを変えてよかったですね。スタンディング時にハンドルが遠くにある恐怖心をあまり感じなかったような気もしました。

・・とはいえ長く走っていると高さの違いが気になってきて「ちょっとだけ高過ぎたかな」という感じも。

今の30mmUPでも問題ないですが20mmでも良かったかな。下駄をはかせるとハンドルマウントかゲタがつぶれると色々な人に言われたのでまずはこれでしばらく乗ってみようと思います。

あとは・・・


庭でリアフェンダーが折れた


海外の牢獄入りするときの写真みたいに…

昔だったらドヤガオで「試走したら捲れてリアフェンダーとナンバープレートが吹き飛んだ話」ってタイトルで記事をアップしていたと思いますが、今となってはただ下手な事を露呈しているだけで恥ずかしいしフェンダー買いなおさなきゃ…位の感想しか出てきません涙

最近まったくヒルクライムやってなかったので元々ヘタクソだったのが床のシミレベルまで下手になってました…これ今週末のCGC、だめかも・・・。

投げ癖がつかないよう、ヤバそうだったら諦める。これとっても大事!!ましてやレース中に投げたら他の人にマシンが当たって怪我させる可能性もあるわけですし。。。自戒ですね。きをつけよう。

この日はそんな事を思いながら基礎練習というかずっと苦手だったスタンディングでのヒルクライムを練習したり、加速レーンが短いヒルクライムを練習したりしてました。あとは斜面でのバイクの取り回しや引き起こし、あと斜度や長さがある下りの恐怖心も復活していたので何度も降りて目を慣らしてきましたよ。ハード系怖い…CGC怖い・・・

まとめ

KTM 250EXCに赤スプリングはパワーがどんどん来るので下手な僕でもアリでした。特にヒルクライムでは頑張って開けなくてもパワーバンドが手軽に来るので今までよりも身近に・ラクに感じました。

またハンドル高をあげるのは少なくとも僕は安心感が増したので良かった。心配なのはクラッシュ時にハンドルマウントや下駄がつぶれたり曲がったりする可能性があることと、壁の様なヒルクライムでハンドルが高いとポジションが厳しいくらい?僕はそこまで前傾姿勢を取ることはまだないのでこれで限界を感じるまで慣らしていきたいです。

あと、CGCに向けてもう一つカスタムを仕込んでるので完了したら報告予定ですよ!

こんな感じ。

PVアクセスランキング にほんブログ村