ぼっちバイカーのブログ

KTM 250EXCでオフ車を楽しむ初心者バイカー。家庭もバイクも両立して楽しみたい!そんな野心を秘めた趣味ブログ

【バイク動画】50本以上upした僕が"PV風ツーリング動画"をオススメする理由

こんにちは。ぼっちバイカーです。

「個人がメディアを持てる時代」と言われてもう結構経ちます。

SNSはもちろんブログや個人サイトも全てメディアですが、僕個人としてはYoutubeやニコニコ動画などの動画サイトが一番メディアだなって思います。

何故かと言うと動画は情報量が多いから。動画サイトは最強の個人メディアだと思うのです。

実際「車載やヘルカメ動画を作りたい!」と思っているバイク乗りは多いんじゃないでしょうか。一種の憧れというかいつかやってみたい事なんじゃないかなって。

僕も憧れていた一人でしたが、思い切って動画の世界に踏み込んでみてから約2年。50本以上(数えたら58本だった)アップしていました。

今回は僕が素人なりにも継続して動画をアップロードし続けることが出来たコツや車載動画を作るコツみたいなものを紹介してみようと思います。

この記事を書こうと思った理由

僕はブログがメインですので「テキスト6割、写真3割、ビデオ1割」というイメージ。

僕が動画をアップしようと思ったのは、文章や写真だけだと伝わらない、と思ったから。あと自分が後で見返したいと思ったのもあります。

つまり「ブログの補足や理解を深めるもの」として動画を作っています。

なので細かいキャプションもなければ気の利いたトークもありません。声は「うわっ!」とか「うわー!」とか「うわ…」とかそんなんばっかです…

それでも50本以上動画をアップし総合再生回数は185,324回。チャンネル登録者は357人。想定収益は300円を持って130円のパンを買った時のお釣りの額くらいにはなりました(雀涙)

f:id:botti_bk:20171024201611p:plain

あ、↓Youtubeチャンネルもあるから…(ダイレクトマーケティング)

www.youtube.com

そんな僕ですが、沢山動画を作ってアップする中で自分なりのスタイルというか「こうやったら楽にできるな」と思うのが見えてきた感がしたのです。

勿論クオリティ高い動画を作ることができたら最高ですが、ここでは「そこそこの装備でそこそこの動画をそこそこの労力で簡単にバイク動画を作る方法」っていう微妙なテクニックなら紹介出来るなと思ったのです。

「せっかくGoProを買ったんだし動画アップしてみたい!けどどんな感じで始めればいいのかわからない!」という方向けにアドバイス、くらいに思っておいてください。

バイクと動画は相性がいい!

まず初めに、バイクと動画は相性が良いです。

その理由を考えると

  • 常に動きがあるので視聴者が飽きない
  • 景色自体も楽しめるので旅行気分になれる
  • 視聴者へ疑似体験させることが出来る
  • バイクは言葉でなく体験してみないとわからない

バイクの魅力を伝えるのは乗ってもらうのが一番ですが、動画を見るだけでも十分バイクに乗った気分になります。

つまり難しい事をしなくても視聴者を楽しませることが出来るのです。

バイク動画には5種類くらいある

バイクの動画にもいくつか種類というかジャンルがあります。モトブログ、実況動画、走行記録動画、事故動画、スーパーテクニック、公式動画などなど…

色々な人が色々な目的で動画を観ており投稿者はそのニーズを意識したりしなかったりして動画をアップする訳です。人気の動画投稿者になったらかっこいいですし憧れますね。

初心者がトライするならどの分野がオススメ?

動画初心者が動画アップするなら何がオススメでしょうか。

僕「好きな動画をつくろう(提案)」

というのは半分嘘で半分本気。

貴方がアクションカムを買ったならその理由があるハズ。自分の走行動画を振り返ってみたいとか「モトブロガーに俺はなる!」と決意したとか。

やりたいことがあるならそれをやろう。でももし、

「アクションカムを買ってみたけどイマイチ何をしたらいいかわからない」

という方がいたら、僕は声を大にしてお勧めしたいジャンルがあります。それが、

"PV風ツーリングPV動画"です!!

PV風ツーリング動画は誰にでもオススメ!

"PV風ツーリング動画"を簡単に説明すると、「音楽をBGMにしてツーリング動画を切り貼りした動画」です。

手前味噌で恐縮ですが僕が作ったこんな動画です。

www.youtube.com

曲に合わせて動画をのせてます。

PV風ツーリング動画をお勧めする理由

オススメするのは以下理由があります

  1. 特別なスキル不要
  2. 頭をあまり使わなくていい
  3. 比較的短時間で出来る
  4. 後で見返しても楽しめる
  5. 好きな音楽と好きなバイクの映像の動画が完成する

詳しく説明します。

1.特別なスキル不要

PV風ツーリング動画を作るのに特別なスキルはほぼ必要ありません。最低限アクションカムとコンピューターと動画編集ソフトがあればOKです。編集ソフトは無料でもOKです。


家のノートPCがあればOK

さすがに最低限の動画編集スキルは時間をかけないといけませんが、僕は1時間でとりあえず最低限の機能は把握することが出来ましたその程度でも最初は大丈夫!誰でもちょっと勉強すれば出来ます。

※個人的に引っかかった場所は後で攻略方法を紹介します

あとこれは別のスキルですが、モトブロガーのように気の利いたトークや渾身のギャグも不要。

実況・記録動画のように正確な道の名前や感想をいちいちキャプションも不要。

クラッシュに遭遇しなかったりスーパーテクニックが無くてもOK。

有名モトブロガーよろしくテレビ番組さながらな構成ら編集が出来なくても良いのです。

誰でも特殊なスキルは不要でつくれます

2.頭をあまり使わなくていい

「自由に動画つくっていいよ!」

と言われるとで今まで皆が作った事が無い最高の動画を作ろうと思いますよね。クリエイティブに!

…でも、クリエイティブな動画は今まで練習してきた下積みやストックがないとほいほい出来るものではない、というのが僕の考えです。

僕含めクリエイティブに自信が無い人はまずは「制約がある環境で少ない選択肢から選んだ方がいい」のです。

動画作る時って、「尺どうしよう」「ここでネタを入れるか!」「動画の構成はどうしよう」「動画の切り替えのタイミングどうしよう」「キャプションとかタイトルどうしよう」とか色々悩むと思います。

でも、PV風ツーリング動画ならこんなにシンプルでほぼ何も考えずに作れます。

BGMの曲を選ぶ

動画の見せたいシーンを適当に感性でザクザク切り取って動画に貼り付けていく

動画と動画の繋ぎのエフェクトを適用

色調や特殊効果を曲に合わせて適用(オマケ)

動画のタイトルをつける(オマケ)

完成

頭を使うのは「曲を選ぶ」と「動画を選んで貼り付ける」だけなのです。あとはただの単純作業。

動画の繋ぎは基本的なフェードアウト・フェードインでいいし、別になくてもいい。タイトルも別に入れなくても良いし動画の色調や特殊効果もなくても良いです。勿論慣れてきたり余力があればちょっといじってあげるとまた良くなります。

動画の貼り付けの構成は「ツーリングの時系列」でもいいし「時系列すら気にせずにランダムに流す」のもかっこよく仕上がります。

この作業を例えるならば、ブッフェスタイルです!!

好きな食べ物=動画をポンポンお皿に載せて、好きな順に食べる=貼り付ければ良いのです。で、大抵の人は最後はデザートやコーヒーですよね?動画もそういう感じで終わりにふさわしい動画だけ決めておくとなんとなくいい感じになります。

これなら簡単でしょう?

3.比較的短時間で出来る

動画編集なので時間がかかるのは多少しゃあなしです。

それでもモトブログや実況動画を作るのに比べたらPV風ツーリング動画は圧倒的に時間がかからないです

例えばモトブログなら構成を考えてやしゃべりを文字起こししたり、効果音を入れたりと時間がかなりかかります。もちろん慣れてくればスピードは上がるでしょうが、動画を見直すだけでもかなり時間がかかるハズ。

実況動画も同じ。実況の場合地名や道路の名前を調べて正確に書いたり、ネタを仕込んだりとやっぱり大変です。

でもね?

PV風ツーリング動画は構成も考えなくていいし、文字起こしも一切不要。地名も調べたり書いたりする必要もないのです!

ここで具体例を。

僕は毎回の動画作成でこんな感じ。

  • BGMの選定15分
  • 撮影した動画選定30分
  • 動画切り取り貼り作業3-5時間
  • タイトル・エフェクト・調整30分

SDカードから動画のインポート、書き出し、Youtubeへのアップロード、動画タイトルや説明文の作文でもう少し時間がかかりますが、ピュアな動画編集の時間はこんな感じ。僕はトロい人間なのでもっと効率的な人ならもっと早く終わらせられると思います。

家に帰って数時間作業しても2-3日間くらいで完成しますね。

僕は一度始めると止まらないタイプなので夕方帰宅してご飯を食べながら1時くらいまで一晩で勢いで仕上げてます。

・・・これなら出来そうでしょう?

4.あとで見返しても楽しめる

撮影した動画ファイルってなかなか見直す機会がないのは僕だけでしょうか。

原因を考えてみたのですがたぶん余計なシーンやどのシーンが楽しいのか探すのがめんどくさいから。

でもこうやってツーリング動画を作っておくと、ツーリングの面白かった部分だけが濃縮されているので見直す気が起きるのですよね。

さらにマスツーだったら知り合いに「動画つくったよ」と見せてあげれば喜んでもらえるでしょう。下心は良くないですが「あいつ動画作ってくれるしまた呼ぼう」となるかもしれません。

半年後に見返すとまた面白いし、いつか今のバイクを降りたり乗換えた後になって見直すころには一生の宝物として残ってくれるはずです。

僕も過去に乗っていたKTM 690ENDURO Rの動画を見返すと、動画作っておいてよかったなぁ、と思います。動画データはパソコンに入っていますがやっぱり見返すのはyoutubeにアップした動画なんですよね。

5.好きな音楽と好きなバイクの映像の動画

色々な理屈抜きで、最終的にはコレ。

自分が最高だと思う曲に自分が最高だと思って乗っているバイク、そしてそれを運転している自分。そんな動画最高に決まっていますよね?

そういう動画、観たくない?

動画を作る上でつまずいたポイント

動画を作る上でつまずいたりするポイントと攻略法を紹介します。

というのも動画編集をやろうと思うと編集以外で悩んだりすることが多いのです。

動画編集ソフトは無料でも十分使える

アクションカムのデータをそのまま編集することはできません。一度PCに取り込んでから動画編集ソフトでインポートして編集する必要があります。

有償のツールで有名なのは、Windowsなら"Adobe Premiere Pro CC"。Macなら"Final Cut Pro X"が間違いないです。

でもどちらもかなりお高い。Premiereは月額ですがやっぱり長く使うなら数万円かかります。

モトブログとかガッツリ動画編集するならもちろん高くて効率が良いソフトの方がいいでしょうが、PV風動画を作るだけならはっきり言って無償版で十分です。

僕はGoProユーザーだったのでGoPro Studioを使いましたが、別になんでも良いと思います。

www.tajima-motor.com

ガーミン社のアクションカムでも専用の動画編集ソフト"VIRB Edit"がついてきました。付属のソフトでも十分使えます。

www.garmin.co.jp

WindowsだとAviUtlが有名ですね。ただ、これは初心者だと使いこなすのに色々覚えたりプラグイン入れたりしないと行けなくて大変だった記憶があります。

無料版は鬼門

有償ツールの無償バージョン(例えばPremiere Pro)をいろいろ試しましたが、ものによっては動画にデカデカとロゴのウォーターマーク(透かしロゴ)が出てたり、編集してもエクスポートできなかったりと罠がありました。

あと"無料で高機能"と謳われているツールはインターフェイスが独特で使うのが難しかったり、現在のOSに対応していなかったりとグズグズ…

ので有償ツールの無償バージョンや謎の高機能無料ツールを試す場合、試行錯誤が入るので鬼門です。

動画編集したいだけなのに、動画編集ツールを探すのに時間がとられるのってつらいしその間にモチベーションはどんどん下がっていくのですよね。定番と呼ばれるツールを使うことをお勧めしますし、高機能なツールが欲しかったらお金を支払って購入した方が絶対にお得です。

最低限必要な機能はコレ

動画編集ソフトで最低限必要な機能はこんなところじゃないでしょうか。

  • 自分のアクションカムの動画をインポートできる
  • 動画をチョップ(切り取り)してタイムラインに張り付けられる
  • 音楽を付けれる
  • フェードアウト等エフェクトがある
  • 色調を変更できる
  • エクスポートできる

本当にこれだけ。

動画編集ソフトと呼ばれるツールなら間違いなくある機能ですし、初めて使うツールならこれらの機能を使えるようになることが最初の目標です。

まずはこれが出来るように練習して動画をエクスポートしてみよう!

兎に角最初は余計なことはしない。欲張らない。上記動作だけをやってみるのが良いともいます。

で余裕が出てきたら、使ったことない機能やエフェクトを試してみる。こうやって出来る幅を広げていきましょう。

僕は最初の頃、GoPro Studioの機能を色々試した動画をアップしてみた事もありました。

www.youtube.com

エフェクトガリガリはあまり好きではないですが色々出来るのでGoPro Studioいいぞ!

音楽の著作権問題はビビらなくてOK

PV風ツーリング動画を作る上で最大のポイントがこれです。

??「音楽は著作権があるので著作権をクリアしているフリーの楽曲じゃないとダメなんじゃ…」

でもフリーの音源でかっこいいのなんてほとんど無いですし、別に聴きたくない音楽を探すということ自体がつらい…MIDI音源みたいなズクチーズクチーはもういやだ!

僕「気にしないでアップしちゃえよ(イケボ)

これは冗談でなく、まずは動画をアップしてみてから考えればいいのです。

Youtube側で著作権登録されているものは保護される

少なくともYoutubeでは著作権の保護についてちゃんとやってくれており、著作権登録されている楽曲が使われた動画をアップするとしかるべき対処をしてくれるのです。

f:id:botti_bk:20171025104126p:plain

こんな感じのクレームメールが来ます。

Hi ぼっちバイカー,
A copyright owner using Content ID claimed some material in your video.
This is just a heads up
Don't worry. You're not in trouble and your account standing is not affected by this.
There are either ads running on your video, with the revenue going to the copyright owner, or the copyright owner is receiving stats about your video's views.

ガバガバ翻訳すると、

「君のアップした動画に含まれるコンテンツIDの著作権元からクレームきたよ。でもこれは「クレームがきた」ってだけでトラブルやアカウントに影響はないよ!君の動画に広告を表示させて動画を収益化し、その動画の再生に関する統計情報を追跡するだけだよ」

って感じかな。つまり、

??「(収益や閲覧数を教えれば)不正はなかった。いいね?」

ってことです。

詳しくはここを見るといいです。

support.google.com

上記ページから引用すると…

コンテンツ所有者は、自分の Content ID と一致するコンテンツにどのような対応策をとるか選択することができます:

閲覧できないよう動画全体をブロックする 動画に広告を表示させて動画を収益化し、場合によってはアップロードしたユーザーと収益を分配する *その動画の再生に関する統計情報を追跡する

結論として、著作権のある音楽をYoutubeにアップするとYoutubeが勝手に著作権元の意向に基づいた対処をしてくれますのでそこまで気にしない良いと思っています。

僕の経験上、日本の音楽やアニソンは大体が「動画の音が消される」「ブロックされてアップロードできない」のどちらかでした。海外の曲だと大体「著作権元に収入いくけどそれでよければ」という感じ。

国や地域にもよるそうなのでこの辺はトライアンドエラーです!

つまり「動画で収入を狙わないし広告がでても良い」という事であれば著作権で保護されている楽曲を合法的に使える可能性が高いです。

※もちろんYoutubeと著作権元で取り決めを締結していない曲は違法アップロードに抵触する可能性があるので最後は自己責任となりますよ!ただ調べた限り、僕らのようなほぼ自分用の動画をアップして訴えられた人を見つけられませんでした。

動画を作る前に、音楽だけをアップして確認してみましょう。これでYoutube側で規制され無ければいけます。

レーベルである程度決まっている

…なお何回かトライしていくとわかってくるのですが、基本的には楽曲のレーベルによって違うようです。

マイナーなレーベルだとむしろ曲をどんどん広めたいので寛容だと感じます。(中にはクレジットを載せておけば自由に使っていいよ!というレーベルもあったりする)

個人的に好きなレーベルはSpinnin' Recordsです。

f:id:botti_bk:20171024205434p:plain
Spinnin' Records

かっこいいダンスミュージックや僕の好きなFuture Bassとかエレクトロ系ならここです。EDMで有名なZedとかも確か昔はここのレーベルから楽曲を出していたはず。今はどこでしょ?

あまり自分の持ちネタをバラすとつまらないので、まぁ色々なレーベルを探してみて下さい!w

レーベルやかっこいい曲を探す方法

レーベルを探すなら、SoundCloud.comで探して見ましょう。自分が好きな音楽の傾向がわかってきて、「このレーベル名をよく見るな」ってなってくると思います。

soundcloud.com

なお、ランキング機能は完全にトラップというかヒップホップに支配されていてほぼ意味をなしていない状況がここ半年続いていると個人的に感じているので、フリー検索ワードでジャンル名や好きな曲を入れて、その曲に関連している曲を探していくのがいいかなと思います。

ちなみに僕がいいなって思った曲はこの公開プレイリスト"Like!!"にどんどん追加してますので、気になる人は覗いてみてください。

Like!!!! by Botti Biker | Free Listening on SoundCloud

dailymotionはもっとガバガバ

なおyoutubeはこんな感じすが、dailymotionはもっとガバガバです。youtubeに拘らなければこっちの方がいいです。

www.dailymotion.com

ただ著作権の保護がされてないので、ブログで叩かれたり、突如動画が削除される可能性があります。


イカした音楽にバイクで淡々と道を走るだけの動画 投稿者 botti-bk

僕も一回だけアニソンを使いたくてこっちを使いましたが、やっぱりYoutubeに集約したいですね。

PV風を目指すなら飽きない動画を作ろう!

ツーリング動画は懐が広いので「ひたすら道路を走っているだけの長い動画」でも「がちがちにエフェクトを使って色々なシーンが流れる動画」もどちらもアリです。でもPV風ツーリング動画なら後者になるべく近い方がいいです。

でもね?流石にずっと同じシーンだと飽きますよね(個人の意見です)

どこまでこだわるかは人それぞれですが、PV風を謳うならなるべく飽きずに見られるように最低限編集したほうがいいです。

可能な限り短めの動画シーンを沢山使おう

短めな動画を沢山つなぐだけです。

個人的な感覚だと基本は8拍(2小節)。長いと32拍(8小節)。アクセントで4拍ずつや1拍ずつもやったりします。さらに曲に合わせて変則的にシーンを変えたりするとさらにかっこいいです。

なので動画を撮影する時は「車載カメラのようにずっと撮影」よりもちょこちょこと色々なシーンを撮影しておいた方がよいですね!まぁツーリングがメインで動画はオマケなのでやりすぎは本末転倒ですが、気が向いたら色々なアングルや構図で撮っておきましょう!

言うのは簡単ですが、やるのはちょっと時間かかるのですよね。5分程度のBGMにも3-5時間くらいかかるのはこのためです。

色々な構図を使おう!

例えば

  • 走行中に立ってみる
  • あえて歩いてるシーンを入れる
  • 仲間とやり取りしているシーンをスローで入れてみる
  • 看板や食べ物をアップでいれる
  • 景色や空、地面をいれる
  • キーオンのメーターをいれる
  • 自撮り棒を使って自分を写す
  • ヤエーした動画を出す
  • ガソリン給油時のシーンを入れる
  • 仲間と握手してみる
  • 逆再生してみる
  • タイムラプスを入れてみる
  • 曲をあえてとめてバイクの音いれる
  • クラッシュやちょっとしたハプニングを挟む

などなど。

これらを混ぜてみることでまずかっこいい動画になると思います。

作例とか示せないのですが、個人的にこの辺うまいなぁて思う身近なブロガーさんだと、里見 (id:satomi_com)氏のこれとか。

www.youtube.com

長いけど5:48あたりから特に好き。

ただここまでやるのはかなり時間かかるハズ…

僕「ぼ、僕のコンセプトはお手軽にだから…(震え声)」

拘れば時間はいくらでも吸われるのでどこまでやるかはあなた次第。僕は1動画に一か所くらいはこだわりというかちょっと短めの動画を入れたりしますが基本4拍です。

ABA構成を意識するとよい

大抵の曲はA-B-A構成で作られていることが多いです。

詳しくは以下ページをみてくれ。

作曲の基本の構成A-B-A | イメージを音楽にする具体的な作曲方法

Bはだいたい「低音が弱くてふわっとしている」ことが多いので、あえて音は消して動画だけで見せたり、動画はなるべくさーっと流れる感じで長め、にしたりしてます。

別にこうしろ!というのは無いですがABA構成に合わせて動画のイメージを変えてあげるとメリハリがつくよってお話でした。

バイクの音を入れる入れない問題

PV風動画を作ると一定層からこういわれます

??「ダサい音楽はいらないからバイクの音を聞かせろよ」

まぁ、一理ある。

でもバイクの音ばかりも飽きると思うのですよね。

僕もPV風動画では半分くらいは音を消しますが、もう半分はそのまま音が聞こえるようにしてます。後はアクセントで冒頭や最後に曲なしのシーンを入れるとか。

この辺はバランスもあると思いますが、どんな動画を作っても絶対アンチというか嫌いな人が出てくるものなのであまり気にせず、作りたいものを作るのがいいんじゃないかなって思ってます。

ツーリング毎に動画を作らなくても良い

僕は「ツーリングの雰囲気を伝えるため」に動画を作っているので毎回のツーリング後に作ります。

でも別にそうする必要はないのです。

例えば4月のツーリングをまとめた動画だったり、「2017年春のツーリングまとめ」みたいな感じでも良い。もっと言えば、2017年で走った動画まとめ。みたいなのでも良いのです。

…ただ2017年をまとめるとなると素材がかなり多くて、動画選定だけでもかなりきつそうです。

個人的には1ツーリングで撮影した動画で1曲分をつくのがちょうどいいなって思ってます。

僕が使っている動画グッズ

ダイレクトマーケティングですが、この辺使ってます。(古くて取り扱いが無いものは類似するものを載せてます)

GoPro Session HERO5。お値段も安いし、軽くてお手軽。ガッツリやるならやや弱いですが僕レベルならこれでも十分楽しめます。

自撮り棒。GoProに対応していればなんでもOK。これがあると構図の幅が広がります。走りながらこれを使いたいですがちょっと怖いですね。

Luxebell®Gopro用自撮り棒 伸縮拡張一脚ポール

Luxebell®Gopro用自撮り棒 伸縮拡張一脚ポール

Adobe Premiere Elements。動画編集ソフトは無料で良い、と書きましたが40本くらい作ったので過去の動画を再編集したり静止画を使ったりしたかった為購入しました。やや多機能ですがマシンスペックが低くて使いこなせていません涙

www.adobe.com

これだけ。本当にアクションカムとPCと動画編集ソフトがあればそれなりに出来ちゃいます。僕はMacBookPro Mid2012。動画編集はギリギリアウトって感じです。

まとめ

バイク動画を作ってみたいけど何していいかわからないならPV風ツーリング動画がオススメです!

理由は、センスに自信が無くても簡単に半分以上は単純作業的にできて、必要な知識も少なくていい。そして、一度動画を作れば後から振り返ることも出来るし友人に見せて喜ばせることも出来る。

動画編集ツールは無料のバンドルツールでもPV風動画なら出来る。生半可に無償で高機能なツールを使うのは調べたり問題が起きることが多いので鬼門。だったら有償ツールを買った方がその悩む時間を動画編集に充てることができるのでおすすめ。

youtubeでは著作権問題も解決してくれることが大半なのであまりビビらずにまずは音楽と適当な動画をアップして弾かれるかどうかを見てみよう。音楽はレーベルを意識して探すといいかも。動画を作る時はなるべく短い動画を沢山切ってつないだ方がPV感があっていいかも。更に曲の構成を意識して動画の種類を変えると曲との一体感が生まれる気がするぞ。

…もしアクションカムを買って撮影データはあるけど動画化してないなら、"PV風ツーリング動画"をぜひトライしてみてください!今からまったりスタートすれば2017年総集編がつくれるのでは??

こんな感じ。