ぼっちバイカーのブログ

KTM 250EXCでオフ車を楽しむ初心者バイカー。家庭もバイクも両立して楽しみたい!そんな野心を秘めた趣味ブログ

モタード・オフロードバイクのフェンダーレス手順はこんな感じ

こんにちは。ぼっちバイカーです。

何故か今まで書いていなかったのですが、フェンダーレス化について書きます。

というのも僕もEDRも購入してまずやりたかったのがフェンダーレス化。フェンダーレスキットを購入すればよかったのですが、僕のEDRに合う年式のキットがそもそも売られてなく困っていたのでした。僕はたまたま読者の方に教えてくださる機会を得たのですが、僕と同じように悩んでる方がいたらと思い記事を書くことに。

僕はKTM 690 ENDURO Rに乗っているのでEDRのフェンダーレス手順を書きますが、他のオフ車でも大体は同じはず。まぁ、参考にしていただければと思います。

ビフォア・アフター

EDRはもともとこんな感じのリアフェンダーです。


デデン

初めてのツーリングの時です(キレイ😂)

泥除けという面では当然長い方が有利ですが、ジャンプしたりしてリアサスが沈むと当たったりする模様。あとは見た目的にない方が美しいと感じる方もいますね。


デデン

ブロックタイヤとの相乗効果でやる気マンマンですよね。この辺は当然お好みですが僕はフェンダーレスしたい派です。

ざっくりとした流れ

僕は最初、リアフェンダーをカットしてウィンカーとナンバーを移植しておしまい!っと思ってました。

が実はナンバー灯を移植する必要があったり、車検のことを考えるとウィンカーを外したりするのがめんどくさかったりで結構ややこしい。

ということでざっくりと流れを書きます。

  1. リアフェンダーをバラす
  2. ウィンカー・ナンバー灯のハーネスをカット
  3. ハーネス・新ナンバー灯をギボシ化
  4. リアフェンダーにウィンカーハーネスを通す穴を開ける
  5. ナンバー灯をリアフェンダーへ装着
  6. ウィンカーをリアフェンダーへ装着してギボシ化
  7. ワイヤリング
  8. リアフェンダーを組む
  9. ナンバーを装着

こんな感じ。10ステップまではいかないですか、準備することも多いので時間はかかると思います。

注意!サブハーネスをカットします

上記手順のとおり、KTM 690 ENDURO Rではサブハーネスをカットします。

サブハーネス単体でKTMから売られており値段もそこまで凶暴ではないです。が、サブハーネスを買わないと元に戻せなくなるということで一応確認してください。(カットしたサブハーネスをギボシ化すれば済む話ですが、ね!)

必要なスキル・部材・工具は?

必要なスキル・部材・工具は以下です。

スキル

レベルは初級レベルでもいけると思います。ギボシ化するのでそこだけ。練習してから臨みましょう。

  • ドライバーやスパナで締めたり緩めたりできるスキル
  • ハーネスをギボシ化スキル(電工ペンチが使える)
  • 自己責任と割り切れるスキル

工具

必要な工具はこれ。はんだごてがあると穴を広げたりワイヤリングでプラスチックを溶かしたりできるので便利ですよ。ドライバやスパナのサイズは上記部材に合わせてください。

  • 電工ペンチ
  • 電動ドリル
  • はんだごて
  • ドライバー各種
  • スパナ各種

部材

使ってなくなる必要な部材はこんな感じ

部品 一言
ウィンカー 純正そのままポンづけもできますが車検用に残して起きオフロード用の割れないものがいいと思います。EDRはT13の12V10Wのウェッジ球でないとハイフラを起こしました。車種によって違うかもしれません
ナンバー灯 純正のナンバー灯は使えないのでリアフェンダーの先っちょにつける小さいものを用意しましょう
キボシ ケーブルをキボシ化するので必須です。最低6セットあればいいですが失敗することも考えて沢山買っておこう
ナンバー固定用のネジ関連 ナンバープレートをリアフェンダーに固定するネジです。具体的にはM8ボルト・ゴムリング・太めのワッシャー・スプリングワッシャー・ワッシャー・ナットが2セット必要
小さいゴムマット 厚さ3mm程度でナンバーとワッシャーの間に挟むことでナンバーが割れることを防ぎます
ロックタイト ナンバーは振動でねじが緩みやすいのでロックタイトを使っておきましょう。中強度ならまた緩めることができます

こんな感じ。僕が使ったのは以下です。

ウィンカー

以下二つがオススメ!

WEBIKE MODE ウェビックモード/ミニウィンカー ワレンズ 2個セット
WEBIKE MODE ウェビックモード/ミニウィンカー ワレンズ 2個セット 汎用

オフロード界隈では有名なワレンズ。割れないようですがキャップが吹っ飛んでしまいましたね。車検もギリギリ通る明かりのようです。

POSH Faith ポッシュ フェイス/エアロシャープミニウインカー
POSH Faith ポッシュ フェイス/エアロシャープミニウインカー 汎用

バイクを寝かした時も干渉しない貼り付けタイプのウィンカー。車検は…

ナンバー灯

ナンバー灯はこれです。

エーモン(amon) 防水ワイドLED 8000ケルビン 白 20φ 1830

エーモン(amon) 防水ワイドLED 8000ケルビン 白 20φ 1830

キボシ

キボシは何でもいいですが僕はこれ。30個あるので沢山失敗できますよ←

エーモン ギボシ端子セット 徳用パック 30セット 1152

エーモン ギボシ端子セット 徳用パック 30セット 1152

ロックタイト

EDRは単気筒の振動の大きいバイクなので普段緩めないネジはたいていロックタイトを塗布します。何かと便利なのでご家庭に1ロックタイトはもはや常識!

こんなところでしょうか。

必要な部材と工具はこんなところです。結構沢山あるので大変ですが、工具以外はどれも高いものではないのでこだわらなければ3000円くらいで揃うはず。3000円で済むなら安い安い!?

フェンダーレス化手順

ではいよいよやっていきます。

1.リアフェンダーをバラす

リアフェンダーをバラします。

リアフェンダーはこの図のように三枚のプラスチックで構成されてますので、三枚バラバラにしましょう。三枚はハーネスが絡み合ってる可能性があるのでくれぐれも慎重に!

f:id:botti_bk:20170531172928p:plain
三枚。

クラブバーをつけてるならそれを外しつつ、リアフェンダーのボルトを外します。外したボルトは若干種類が違ったりするので混ざらない管理しよう。

タイヤ側からも木ネジが5本とまってるので抜きます。ハーネスが繋がってるので引っ張らないように!


白いフェンダーを外した図。レース後なので汚い…

いらなパーツは?

f:id:botti_bk:20170531173030p:plain
ここ!

なお先端のパーツフェンダーがいらない子。このパーツを外せばすぐにフェンダーレスになるのだから、KTMがフェンダーレスにしろと言わんばかりの作りですw


せっかくなのでキレイに


ナンバーも外します

2.ウィンカー・ナンバー灯のハーネスをカット

いわゆるウィンカーとナンバー灯のサブハーネスをカットします。

f:id:botti_bk:20170605151816p:plain ここ!

緊張しますが思い切っていきましょう。カットする位置はコネクターがある部分近くでかつこんな感じでギボシがついてる場所より長めで。

なぜなら長めにしておいて後から調整した方がいいです。ギボシ化で何回失敗してもいいように長目にしておきましょう。

3.ハーネス・新ナンバー灯をギボシ化

カットしたらハーネス側とナンバー灯をギボシ化します。ここで注意すべきは、ウィンカーはまだギボシ化しないこと。理由は後でわかります。


ナンバー灯のギボシ

手順は省略しますが、ギボシ化するときは中にハンダを流し込むと強度が上がるのでオススメだぞ。

4.リアフェンダーにウィンカーハーネスを通す穴を開ける

リアフェンダーのウィンカー位置を決めて、穴を開けます。


こんな感じで二箇所

電動ドリルで開けるのは少し抵抗がありますが、このパーツ自体はそこまで高くないから思い切って、どうぞ。

ドリルで開けた後はハンダごてでズブズブしてあげると穴が慣らされてケーブル切断防止や穴を拡張できてよいです。

5.ナンバー灯をリアフェンダーへ装着

購入したナンバー灯をリアフェンダーに貼り付けます。

場所はここ


ここ

こうするといい感じにナンバーが照らされます。ホモコップに突っ込まれてもナンバー灯があると強く言えます。


こんな感じで光る

フェンダーレスするならナンバー灯。難しくないのでやっておこう。

6.ウィンカーをリアフェンダーへ装着してギボシ化

ウィンカーをリアフェンダーへ取り付けます。

先ほど開けた穴にケーブルを通し、その後ギボシ化します。


穴に通して…


ギボシ化!

LEDではないのでプラスマイナスはないはず!左右間違えないようチェックしよう。


よし!

なぜナンバー灯やハーネスと一緒にしなかったかというと、ギボシ化すると穴がきつくてケーブルが通せない可能性が高いから。

穴に通してからギボシ化するのをお勧めします!

7.ワイヤリング

後はギボシ同士を接続してワイヤリング。と言っても収納スペースはあまりないので、うまくやって下さい。(以上)


ベースに…


二段目のフェンダーをセット


テールライトを固定して…


ナンバー灯を接続して

よしなにワイヤリング。これ難しいけど潰さないようにゆっくりチェック。

8.リアフェンダーを組む

ワイヤリングをしたら後は頑張ってリアフェンダーを組み直します。


デデン

リアフェンダーを取り付けるときにグラブバーが押しつぶさないようにすること。僕はこれで一度ケーブルを半分潰しました。

それほど大変ではないはずですがハーネスが潰れないようにだけ注意しよう。

9.ナンバーを装着

中段のリアフェンダーに穴をあけてナンバーを装着します(上の画像では既に装着されてしまっていますがそこはスルーしてください!)

KTMではナンバープレートのホルダーがあるのでそれを改良して、リアフェンダーへ取り付けます。


ナンバープレートホルダー

改良といっても、穴をあけるだけ。


フェンダー側はこんな感じ。穴の位置はお好みで!


間にゴムマットを挟みます


ナットで固定。ロックタイトを使おう

続いて、ナンバープレートをホルダーに取り付け


こんな感じで取り付けます


ネジやワッシャーはこんな感じ


裏側

ナンバーは特に揺れが激しいパーツなのでロックたいとや締め付けはしっかり!

これで完成。お疲れ様でした。

元に戻す時は?

元に戻せるかどうかは意外と重要ですよね。EDRでは上記手順の逆をやればいいのですが、カットしたサブハーネスだけはキボシ化してあげるか、サブハーネスごと交換してあげればもとに戻せます。

いつでも戻せるのは安心ですよね。

フェンダーレスすればいいってものではない

僕はフェンダーレスにするかどうかの基準として、リアフェンダーがデザインに含まれてるか、で考えます。

いわゆるフェンダーはあくまで道路交通法的につけなきゃダメだからつけました。っていうバイクはフェンダーレス化したくなります。逆にしなくてもカッコいい、フェンダーまで見据えてデザインされてるバイクそのままの方がいいなってなります。

例を挙げると…

f:id:botti_bk:20170605125059j:plain
WR250R:フェンダーレスがかっこいい

f:id:botti_bk:20170605124621j:plain
セロー250:そのままの方がいい

f:id:botti_bk:20170605124707p:plain
CRF250L:フェンダーレスがかっこいい

f:id:botti_bk:20170605124734j:plain
KLX250:そのままの方がいい

…まぁこれらは個人の感想です。自分がしたければすればいいし、したくなければしない方がいい。バイクは自分のバイクが一番かっこいいのだから他人のバイクにケチをつける気は毛頭ないです。あとフェンダーレスキットも売ってますし、それを買ってポンづけするのもアリですね。

見た目がレーシーになってやる気が出る気がしますね。これでフェンダーレスのお話は終わりです。

…こんな感じ。