ぼっちバイカーのブログ

KTM 690 ENDURO Rでオフロードバイクデビューした初心者バイカー。最近250EXCヘ乗り換え。家庭もバイクも両立して楽しみたい!そんな野心を秘めた趣味ブログ

KTM 690 ENDURO Rのリアスプロケットを45Tから50Tへ自分で変えてみたらまた失敗した話

こんにちは。ぼっちバイカーです。

KTM 690 ENDURO Rのスプロケットを変更し、それに合わせてチェーンも一新しました。交換手順よりはスプロケやチェーンの選び方、交換に至った経緯をメインで書いています。作業内容だけ知りたい方は目次から「作業開始です!」へ飛ぶと幸せになれます。

KTM 690 ENDURO Rのもともとのギア比や乗り心地は?

まずは純正の情報をメモがてら書いておきます。今後同じマシンで作業する方の参考となるように。

KTM 690 ENDURO Rのギア比やチェーンについて

公式でも調べれば出てくるかもしれませんが実際に数えた結果を書いておきます。

  • フロントスプロケット:15T
  • リアスプロケット:45T
  • チェーンサイズ:520
  • チェーンリンク数:114リンク

特にチェーンリンク数はネットで118と書かれてる方も多かったのですが、僕が数えた感じでは114リンクでした。(ギア比の計算は118でやっていたので驚いた)

インプレや乗り心地は?

KTM 690 ENDURO Rはもともとオンロードバイクである、KTM 690 DukeのLC4エンジンを元に作られたオフロードバイク。KTMのエンデューロレーサーバイクであるEXCシリーズとは違い、あくまでデュアルパーパスの位置付け。国産250ccと同じトレールバイクとして考えた方が良いです。


オンもオフもいけるデュアルパーパス

オンロードを走る分には申し分なく、690ccの丁度良いパワー感と140kgの軽い車体によるパワーウエイトレシオの低さのおかげで激しい加速や高速まったり巡行、そして街乗りもどれもこなせます。

オフロードもフラットダートならちょど良いギア比です。アクセルをひねればひねるだけ加速してくれますし、バタバタギアチェンジをしなくても良いのでじっくり走れます。

ただしガチなオフロードだとハイギヤード気味

オフロード、特にエンデューロ的な使い方だとギア比が高いと感じることが多いです。

顕著なのは1速でアイドリング状態での走行時。アクセルを捻ってないのにすごいスピード(に感じる)ので制御できない感がすごい。ゆっくり先の道を見ながらどこを走るかとラインを探そうとしてもバイクがドンドン進むのです。


こう言う場所は半クラッチが肝になる

基本的に半クラッチで対処していましたがクラッチにもよくないです。物理的な面だけでなく、半クラ状態だとクラッチ操作に意識が持っていかれて走りに集中できず、更にハンドルもしっかり握れない。(これは僕が下手なだけですが…)

ちなみにこれはフロントスプロケットを15Tから14Tに落とした上でも変わらない感想です。もちろんフロント一丁下げでアイドリング速度は変わりましたがまだ早いと感じています。

…そもそもエンデューロするならEDRじゃなくてレーサーを買おう、というのは無しであくまでEDRでエンデューロを楽しむならこの方向性になるという話。

今回は加速重視のスプロケカスタム

ということで今回はさらなる加速重視のカスタムです。加速重視にする場合、純正のギア比からフロントの丁数を下げる、リアを上げるのどちらかになります。

この辺のスプロケの調整をすることで得られるメリットデメリットは過去に調べてますので気になる方はこちらをチェックしてみてください。

www.botti-bk.com

すでにフロントスプロケットは限界の14Tまで下げてますのであとはリアスプロケットを大きくするのみ。リアスプロケットを大きくするのでチェーン交換が必要となるのです。

リアスプロケットはパワーパーツ一択

購入するスプロケットは当初から決めてました。

これです。

f:id:botti_bk:20170426100701p:plain
KTMパワーパーツのスプロケット

スプロケットを買う場合にはまずは丁数を確認し、それから素材を選びます。

スチールは重いですが耐久性が高く、アルミニウムは軽い分消耗が激しい。しかしこのパワーパーツのスプロケットはチェーンが接する外側がスチール、内側がアルミというハイブリッド。ハイブリッドっていいことばかりではないことも承知ですが、これに関しては悪い噂は聞かないですしレーサーのEXCでも使われてるスプロケットなので間違いなし!

他の人とかぶる可能性が高いことだけを除けば耐久性も高くて適度に軽く、何と言ってもオレンジアルマイトが最高にカッコいいです。

…僕は本音は最後に言うタイプです。

要するに、オレンジアルマイトの大きいリアスプロケットがつけたいなって思っていた。というのもあります。。。かなり。

丁数は50Tで決まり!

大きすぎるスプロケットはバイクによっては他のパーツ(チェーンガイドやらチェーンガードやら)に干渉する可能性が出てきます。そして上記パワーパーツは最大52Tまでラインナップがあります。

f:id:botti_bk:20170426100815p:plain
加速重視なら46-52まで選べます

EDRに対応したパワーパーツに書かれているってことはこの範囲ならどれも取り付け自由ってことかな。ならまずは一番加速重視にしてみたい。ディーラーに凸してみます。

僕「EDRに52Tのスプロケットは取り付けできますか?」

デ「正直やって見ないと(干渉するかどうか)わからないですね。ただ干渉したら加工すればいいので出来なくないと思います」

50Tの展示されてるスプロケットをあてがってもらい50はたぶんつくけど結構ギリギリかなぁ、とのことでした。

ここで参考にさせて頂いたのがこの二つの記事。

人柱として参考にさせて頂きました!ありがとうございます!

mikan-buri.hateblo.jp

plo3110.blog7.fc2.com

両記事とも50Tですね。レース直前で加工とかまでやっている余裕がないキッツーな感じなので今回は安定の50Tでキマリ!

チェーンの選び方

チェーンなんて違いがあるの?状態だった僕。

基本はチェーンメーカーのDID社のページがわかりやすかったです。

チェーンの基礎知識 | DID

「ピン」「シール」「プレート」「ジョイント」くらいの構造がわかればまずは十分です。

サイズについては、自分のバイクのチェーンサイズで調べればすぐわかると思います。わからない人はノギスで図ってみましょう。

f:id:botti_bk:20170426104403p:plain
僕は520でした

「シールとノンシールチェーン」や「カシメとクリップジョイント」の違いは?

はズボラでなるべくメンテナンスフリー志向な方は「シールチェーン」でいいと思います。毎回チャンクリしたい洗車組合員はノンシールがいいのではないでしょうか。チェーンについて調べるとこの違いを書いている人は多いのでここではあまり書きませんが、性能を取るか耐久性を取るか的な話でこだわりが無ければシールチェーンで間違いなし。のようです。

案外書かれていないのが、ジョイントの種類について。

ジョイントもいくつかあり大きく分けると「カシメジョイント・クリップジョイント」があります。カシメジョイントは取り付けでカシメる作業が大変ですが強度が高い。クリップジョイントの方が取り付けやすいけど強度が低いという認識でOK。

f:id:botti_bk:20170426102736p:plain
わかりやすい・・・

なのでこれも「一回チェーンつけたらもう触りたくない人はカシメジョイント」で「頻繁にチェーン外したりする人はクリップジョイント」でいいかと思います。

クリップジョイント活用例(応用編)

ここで、いつも一緒に走ってれる洗車狂の"のの君"からのLINEを勝手に晒すよ。

キッチンでチェーン清掃とか頭おかC。。。でも綺麗な仕上がりには嫉妬!!

という事でチャンクリに自信ニキはノンシールチェーンのクリップジョイントで毎回チェーンを外して家の台所でチェーン清掃するといいよ。

…あ、僕は遠慮しておきますね。(シールチェーンポチー)

チェーンのリンク数を決めよう

まずは現在のチェーンのリンク数を数えましょう。リンクとはピンの事。

f:id:botti_bk:20170426104651p:plain
ピンの突起を数えよう!

なお僕は横着して118だと思い込んで調べませんでした。

スプロケット調整すると減速比や速度がどのくらい落ちるかを試算してくれるサイトもありますので活用しましょう。僕はここがわかりやすかった。必要なチェーンリンク数が出るので安心です。

チェーンコマ数計算機 for mobile browser

入力してみると、、、

f:id:botti_bk:20170426105307p:plain
120.2リンク必要なようですね。

当然ですがマシンによって若干の誤差は当然あるようです。

f:id:botti_bk:20170426104558p:plain
Amazonでこんな感じで買えます

最高速が160km/h弱になるようです

今回のギア比へ変更すると、100km/hだったものが84km/hに落ちるようです。加速重視にするのだから当然ですね。

なおEDRだと元々最高速が190km/hくらいだそうで、それが159km/hくらいとなるようです。元々そんな速度はバイクが行けても体が持たない感じだったのでEDRならアリなセッティングだと言えますね(ポジティブ)

え、燃費?バイクでは燃費とか気にしない主義だから…(震え声)

後はフロントスプロケットを上げることで多少は戻せるのでまぁ大丈夫!

・・・チェーンはこれを買いました

カラーはゴールド、シルバー、スチールがありますが僕は銀の斧を選びました。EDRにはゴールドよりシルバーが似合うと思うんだ。

作業開始です!

リアスプロケはディーラーで購入し、チェーンはAmazonで購入。一週間以内には両方とも揃いました。

でも今回初のチェーン交換で正直不安しかない。ネットで動画やブログも漁ったけど実際にやってみないと全然イメージがわかない。あと実はチェーン交換するためにはたくさんの工具(しかもほとんどが専用工具)が必要。ダメもとである御方に相談しました。

結果…


デデドン!

やったぜ!

たいちゃさんに相談した!

今回のリアスプロケ交換とチェーンの交換作業は20連勤を終えられたばかりのたいちゃ (id:taicha__5)さんに教えてもらいながら実施しました。たいちゃさんの説明はすごくわかりやすいんです。本人が実際に痛い目をみてるので注意ポイントや僕の考えを見通したうえでそれやるとこうなるよ(実体験)と教えてくれるので、ただ指示された事をやればいいんじゃなくてちゃんと納得しながら進められる。家も割と近いのもポイント。

・・・仕事を定時ダッシュしてから帰宅し車で送迎に行くと、工具箱に必要な工具を収めたたいちゃさんのお姿が!さながらこれからレース会場へ向かうワークスチームのピットクルーのそれでした。彼は最近かっこいい工具箱を買われており、うれしいことに見せて頂けることに!


BACHOの工具箱。ステンレスの天板がかっこいい…

「工具沼は本当にあったんだ!」

彼は工具マニアでここは彼の工具沼の深淵。工具沼にハマるとこんなことになるのか…と驚きつつも僕も今からでもちょっとずつ工具を集めるならありだなぁって←

今度一緒にワールドインポートツールズさんに遊びに行きましょう(震え)

作業については写真を撮る余裕がなく、集中して作業することが出来ました。作業をやってみて僕が気づいたことだけをピンポイントで紹介します。

スプロケ交換は予想以上に簡単だった

ロックナットが付いたトルクスのボルトで、マニュアルなどを調べましたが指定トルク情報は無し。ディーラーさんに聞いて特にないとのこと。45くらい?

ボルトにはロックタイトが塗布されていたので忘れずに用意しておこう。

チェーン交換するなら"かし丸君"一択

「かし丸君」とかいうふざけた名前の製品があります。これがチェーンメーカーのDIDが出しているっていうんだから始末が悪い。チェーン交換専用工具です。これでチェーンのピンを抜いたり圧着したり、かしめたりできます。

D.I.D(大同工業)バイク用チェーン用品 かし丸君 ♯50系フルセット 二輪 オートバイ用

D.I.D(大同工業)バイク用チェーン用品 かし丸君 ♯50系フルセット 二輪 オートバイ用

名前だけ聞くとお便利で安価な商品化と思うのですが、お値段は他の製品の倍くらいします。しかし、レビューを読めばわかるとおり素晴らしい精度で「だれがやっても同じ結果がでる工具」と呼べる商品でした。はっきり言ってこのおかげでうまくいったと思うくらい。

チェーン交換について調べると安価で似たツールも多いですがどれも癖があってコツをつかむまで失敗したりまっすぐ作業できなかったりといった記事も多いですし、商品レビューもそういう書き込みが多いです。

チェーン本体と同じ値段するのか…と引くぐらい高いですが作業を正確に行うなら"かし丸君"一択だと思います。


堅実な作りのかし丸君

あ、このかし丸君で締めたり緩めたりするためには27・19mmのスパナが必要ですので一緒に買う必要がありますね。27mmのスパナはEDRのフロントアクスルシャフトのナットと同じです。

かし丸君を使った作業のインプレ

ピンを外す時

かし丸君をチェーンに挟み固定します。この固定する時にかっちり固定されるので何の不安もなくスパナでぐりぐり押し出せます。


ぐりぐり回してピンを押し出すのが気持ちいい!


ピンがどんどん押し出されている様子(右側の突起)

ある程度までは硬いのですがそれを超えると緩い感触でピンが抜けます。


抜けました。すごく気持ちのいい感覚…


だらー

圧着する時


新しいチェーンです


わかりづらいですが色はSilver!

かし丸君でジョイントを圧着するところを撮影し忘れたのですが、圧着作業は割と大変でした。

ノギスで新品のチェーンの長さと圧着しているチェーンの長さを同じにするように少しずつ圧着するのですが、これが何回も緩めたり締めたりしなくてはいけないので大変でした。でも圧着しすぎたらもう戻せないのでここは慎重に事を進めます。

カシメる時

ジョイントの圧着が完了したら、圧着したピンが抜けないように、ピンの頭を押し広げてつぶします。この作業がカシメ作業です。


ジョイントの取り付けを左右逆にしていたことに気づかず、カシメなくていい方のジョイントを必死にカシメてしまいましたw


間違いに気づき、圧着すべき方のジョイントの頭をかしめます。どのくらいカシメれたら完了なのかはマニュアルのイラストだとわかりずらいので画像検索するとイメージがつかめると思います。

f:id:botti_bk:20170426113824j:plain
左がカシメる前で右がカシメたあと

かし丸君のおかげで余計な苦労は一切なく気持ちよく作業できました。かし丸君はいいぞ!(なお工具一式すべてたいちゃさんにお借りした模様)

たいちゃさんを車で送りつつ、一緒にラーメン食べて解散しました!深夜のラーメンなんて久しぶりなので体に油が染み渡りまくりでした。ちなみに、たいちゃさんから色々お借りしたり頂いたりしたのですがそれは別記事で。。。

たいちゃさん、夜遅くまで本当にありがとうございました!今度は走りに行きましょうネ!

チェーンはややダルダル

翌朝改めて撮影しました。

デデン!

オレンジスプロケかっこいい!!!シルバーのチェーンがイカスー!

なお120リンクだとチェーンがちょっとダルダルですね。これでチェーンの張りがMAXなのです。まぁモトクロスとかだとダルッダルのチェーンが普通ですし、チェーンガイドもあるからヘーキヘーキ!

…やっぱりダメだった

上記まで書いて一度ブログをアップしたのですが、ぶり君からこんなDMが。


余計なお世話なんて全然思わないですし、本当にありがたい…。

一応試走していけそうなら行っちゃえ、と思っていました。そしてその日の夜にゆっくり試走してみたところ、アクセルを開けるたびに「ガチャガチャガチャ!!」っとチェーンが巻き込まれる音が聞こえて明らかにダメ…。ダメすぎだろ。

…このまましれっとトランポしてレース開場に向かっていたら、レースでチェーンが外れてダメダメな感じになっていた可能性大。ぶり君には感謝しかありません。ありがとう…!

どう対処しようか

さすがに二日連続でたいちゃさんにお願いするのは気が引ける。もうこうなったらやるしかない!!

僕「プライムならその日のうちにつくな。ポチー」


かし丸君、レンチ、カシメジョイント、クリップジョイントを買っちゃった!

そして。。。

届いたぞー!!


(この戦いに)勝つぞ。僕は。

金曜日の夜には出発する予定だったのですが木曜夜に受け取れた!良かった。道具は同じなのでたいちゃさんに教えてもらった通りに作業すればいいだけです。

一本ピンを抜いて、120リンクから118リンクへ変えるので2リンク外します。つまり一本抜いたとなりのとなりのピンを抜きます。


あっ…

画像がないのですが、やっちまいました。。。ピンを外しすぎてしまった・・・。ジョイントを圧着しようと思ったのですが、圧着する場所を間違ってしまい、しかも圧着しすぎでチェーンが曲がらなくなってしまいました。

…はい。圧着失敗。かしめる時にボォッとしててかしめすぎてしまい、チェーンが動かなくなってしまったよ。

失敗した失敗した。今晩中の取り付けは無理でもう発狂寸前。

もうダメみたいですね。

とりあえずアワアワしながらアマゾンで買えるだけのジョイントを購入。


買ったぜ。

明日きてくれなければゲームオーバーとはいえ、二つも余分にカシメジョイントを買ってしまう判断力。この時点で相当テンパってしまってますねw ちなみに、スチール・シルバー・ゴールドの三種類のカシメジョイントをゲットしましたw


6本ピンを抜いて圧着失敗した結果出たゴミたち

そして今回も"ディーラーでお願いした方が確実で最短でしかもお安くできる"という結果になりました。みなさんディーラーに任せるのが間違いないですよ!

でもおかげでチェーンの構造も分かったし、次こそは冷静に対応できる自信があります。嬉しかったのがTwitterで失敗したことを書いたら整備得意そうな人たち含め色々な人から「僕も同じような失敗したよー」と返信くれたこと。そうか。みんなこうやって色々な経験をしてるんだなぁ。

仕方ないのでチェーンはあきらめてゼッケンを作ったり電装関係のチェックをしておしまい!

結局深夜2時までかかって何も成果が得られませんでしたーー

f:id:botti_bk:20170507233506p:plain

リベンジのリベンジ!

トドイタゾー(棒)

…写真撮影する余裕すらない。さっ、やりますかね。

と思っていたら時間がなくてのの君がトランポでうちに到着してしまいました。ということでのの君にも手伝ってもらいます。ピンは抜いてるので、まずは間違って抜いてしまったチェーンのカケラとチェーン本体をジョイントで圧着します。今度は左右間違えずに仮止めして、圧着!

圧着したら、カシメます。かし丸君が心強い!うん、ラクショーです。

そしたら試走して、チェーンがガチャガチャ言わないことをチェックして。

完成!!

f:id:botti_bk:20170508193318j:plain
(写真撮る余裕がなかったのでレース会場での一枚)

無事間に合った安堵感がすごい。かし丸君はお高いですしチェーン交換なんてそうやらないので悩みましたが、失敗できない時には最高に安心できるツールでした。買って良かったかし丸君!!

まとめ

今回のまとめはシンプルです。

チェーン選びは頻繁に掃除する洗車大好きクラブの人は「ノンシール・クリップジョイント」でズボラな人は「シールチェーン・カシメジョイント」でキマリ!そしてチェーン交換するなら多少高くても「かし丸君」を使ってチェーン交換に集中しよう!!

そして自分でやるなら高くても安心して使えるかし丸くんが素晴らしいと声を大にして伝えたい。なお、不器用だと思う方は迷わずディーラーでお願いしよう。間違いないです。

これでやりたかったスプロケ交換が完了しました!WEXを走ってみてどうだったのか。インプレはまた次回。

こんな感じ。

D.I.D(大同工業)バイク用チェーン用品 かし丸君 ♯50系フルセット 二輪 オートバイ用

D.I.D(大同工業)バイク用チェーン用品 かし丸君 ♯50系フルセット 二輪 オートバイ用