ぼっちバイカーのブログ

KTM 250EXCでオフ車を楽しむ初心者バイカー。家庭もバイクも両立して楽しみたい!そんな野心を秘めた趣味ブログ

【ジェベルXCを彷彿とさせる】V-Strom250をスズキが出した意味

こんにちは。ぼっちバイカーです。

発表されましたね。スズキのV-STROM(ブイストローム)250。

最初は中国で販売されるみたいな発表でしたが、EICMA2016(ミラノショー)で具体的に2017年夏頃からデリバリーと発表があったようです。


黄色とはわかってます!

V-Stromなのにvツインでなくパラツインだそう。まぁ細かいことはいいんだよ!かっこよければ!

スズキのプレスリリースでも書かれてるので確実です。

www.suzuki.co.jp

スズキの新車オフを求めていた人にとってはワクワクが止まりませんね。

僕がこの記事で書きたかった事は、なにもV-STROM250の発表を紹介したかったのではありません。速報サイトの方が写真もたくさんありますし。

アドベンチャーバイクといえば?

アドベンチャー、アルプスローダーと呼ばれるバイクジャンルがあります。ビッグオフとも呼ばれてますね。

f:id:botti_bk:20161020220457j:plain
CRF1000L Africa Twin

アドベンチャー、冒険です。

冒険をするとなると色々な道があるでしょう。舗装路も未舗装もあるでしょうしガソリンスタンドが、すぐに見つからない場所もあるかもしれません。そんな道でもライダーが困らずに快適に走ることができるのがアドベンチャーバイクです。

f:id:botti_bk:20161020220510j:plain
KTM 1100 Adventure R

アドベンチャーバイク自体はツアラーの一ジャンルになるんじゃないかと思います。

2016年はアフリカツインがバカ売れしました。もう少し前のストリートファイター系も落ち着いたかな。

アドベンチャー系の醍醐味はどこでもいけそうなでかい車体にでかいガソリンタンク、そして何と言ってもフルパニアケースです!


中にはミサイルでも入ってるんですかね?

このフルパニアケースにキャンプ道具を詰め込んでキャンプツーリングしたい!

これをやろうと思うとアドベンチャーバイク100-200万円とパニアケース3つで30万くらいと結構な額が必要に。

サービスエリアでアドベンチャーバイクにフルパニアのライダーの大半がおじ様ばかりなのも仕方ないことですよね。

それが250ccということであれば価格はぐっと下がるでしょうし、アドベンチャーする敷居も下がります!

アドベンチャーブーム再発?!

個人的には大排気量なアドベンチャーブームは去ったと認識していますが、250ccで出るとなると話は別。

狭い日本だと実際250あればパワー不足を感じる場面は少ないですし車検もない。250ccはマニュアルバイクでは一番人気のある排気量です。そこにいままでなかったアドベンチャー系が来るのです。

下忍と呼ばれるNinja250を筆頭に起きたニーハンSSブームは的なものが起きて、各社が250ccアドベンチャーバイクを出すことになる未来はそう遠くないかも?

スズキが今回出した250アドベンチャーはなかなかカッティングエッジなんじゃないかと思ってます。

スズキのオフロードバイクと言えばDJEBEL XC 250 (ジェベル)

昔からオフロードバイクが好きな方ならご存知かもしれませんが、 スズキ DJEBEL XCと比較してしまうのではないでしょうか。

f:id:botti_bk:20161107123155j:plain
スズキ DJEBEL XC 250 (ジェベル)

重さはそこそこ重いですがなんといっても250ccクラス最強のツアラーマシンというあだ名はよくききます。

調べてみるとなんとタンク容量は17Lもあるらしく1給油で450km走るらしいです。確かに250ccでオンロードもオフロードもこなせるマシンとして屈指の巡航距離は特徴的ですね。

日本国内で販売されるなら未舗装に特化したマシンよりも250ccの驚異的な燃費と圧倒的なタンク容量での長距離巡航なマシンのほうが欲しい人は多いですし、V-Strom250は結構いいポジションついているんじゃないでしょうか。

そのかわり、おしりだけは鍛えておきましょうね(ニッコリ)

アドベンチャーとオフロードバイクとの棲み分けは?

250ccで未舗装も走れる旅バイクならすでにあるよ!

f:id:botti_bk:20161020220547j:plain
ツーリングセロー!

140kgを切るセローと違い、V-Strom250は車重が193kgもあります。アドベンチャー系ならこんなものですね。

原稿のオフ車乗りから言わせると重いという方は多いと思いますがこれはナンセンスだと思います。今の日本だとコースを走るか名前のない獣道や登山道など、わざと困難に向かって突っ込まないといけないオフロードバイクはマイナーですし今後も規制や舗装化で減ってくると思います。

そして、そういう道を楽しみたいならそれこそセローなど軽いバイクが良いです。もちろんレーサーやトライアルバイクには敵いませんが…。

アドベンチャーバイクはそういう道無き道というよりは日本のあらゆる道を長時間走ることができるバイク、という位置づけ。これは今後も規制されることはないはずですし日本に合っていると思います。

なのでV-Strom250で走る未舗装はフラットダートまでが良いと思います。その代わり高速、車載性能、タンク容量の優位性はセローよりあるはず。

250ccのオフロードバイクとの棲み分けとしては長距離の旅に振るかダート性能に振るか、ということになるでしょうね。SSかフルカウルツアラーの違いみたいなものでしょうか。

ということで今後アドベンチャーブームが起きてオフロードや旅バイク人口が増えたら嬉しいなぁとひそかに期待しているのでした。そしてパニアケースがもっと安くなってほしい!

日本で発売させるのを楽しみにしています。


EICMA2016(ミラノショー)で大量のオフロードテイストバイクや250ccアドベンチャーが発表されたので間違い無いですね!

www.botti-bk.com

こんな感じ。