読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちバイカーのブログ

KTM 690 ENDURO Rでオフロードバイクデビューした初心者バイカー。家庭も趣味も両立してかつバイクを通じて楽しみたい!そんな野心を秘めた趣味ブログ

台風の日に林道へ一人で行ったらTwitterのフォロワーさんと偶然出会って一緒に走った話

こんにちは。ぼっちバイカーです。

今回も盛りだくさんでポエムですが、最後の動画だけでも見ていただけると大体わかる感じです。

突然ですが、皆さんアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」をご存知でしょうか。

f:id:botti_bk:20160419181003j:plain
おおかみこどもの雨と雪

ざっくりネタバレ無しで書くと、オオカミと人間のハーフ(?)の子供二人を四苦八苦しながら育てる母親の話ですかね。

この子供の弟の雨くん、最初はカワイイのですがだんだんオオカミとして野生化していくのですよね。

f:id:botti_bk:20160418161936j:plain
雨くん

劇場で見たときはまだ僕は新婚ほやほやだったかな?最近この映画を見返したらまた違う見方で観れて、同じ映画も自分の環境が変わると見え方がガラッと変わるんだなぁと思ったのです。

で週末のお話

先週末は土曜日が晴れのち曇り、日曜日は大雨の予報でした。

土曜日はブログ仲間でビッグオフがオフ車デビュー仲間でもあるSatoさん(BMW F800GS)にご一緒させて頂く予定でした。

が、当日子供怪我をしてしまい土曜日はドタキャン…。Satoさんごめんなさいでした。

そして翌日日曜日は雨の予報という事でしたが直前で晴れるかもしれないと希望を持ち続けたんです。

結果…。

f:id:botti_bk:20160418161953j:plain
くっそーー!!

昼から夕方にかけて雨。しかも晴れたら行こうとしていた厚木は大雨強風警報。関東全域の強風で電車まで止まる始末。

実はこの日、KTMのオレンジキャラバンという大試乗会が千葉の船橋で開催されていたのですが風が強すぎて客の停めていたバイクがバタバタ倒れ、倒れるたびにアナウンスされるナンバーを聴きながら100万円を超えるバイクを強風の中試乗するという狂気の大試乗会となったらしいです。(そして結局中止になったそうです)

そのくらい風が強く雨も降っているコンディションでした。

・・・・

まぁ、無理だよなぁ。

と思いつつ、何気なくTwitterに以下をつぶやくと…。

よし、行ってみるか!(単純)

行くと決めたものの…

既婚者は乗り越えるべき障害があるのを忘れてはいけません。が、すでに嫁には今日は雨強いしバイクで出かけないと伝えてしまっていました。

僕「ご、午後から晴れるみたいだからやっぱり行ってこようかな(震え声)」

嫁「こんな日に山に行かなくてもいいんじゃないの?」

僕「こ、後悔するなら行って後悔したいからさ…キリッ」

嫁「後悔するなら行かない方が良いのでは?(名推理)」

f:id:botti_bk:20160418161949j:plain
もう山に行っちゃダメ!

f:id:botti_bk:20160418161944j:plain
お願い…。もう山へ行かないで…。

映画館で観ていた時は「台風なのに山に行く雨くんはアホの子かな?」っと思っていました。

雨くんがどうしたかは本編を見て頂きつつ、、、

僕は山に走りに行くことに!!

ぼくって、ほんとバカ。

でもね?

とあるやりたい事を思いてしまったのです。

なんだかんだ気持ちよく送り出してくれる嫁には感謝しかありません。

出発

行くかどうかウダウダしており、出発したのは10時ごろ。

久しぶりのぼっちツーリング。待ち合わせ場所も待ち合わせ時間も無い。走っているこの瞬間は自分の走りたいペースで走れる特別な時間。風はかなり強く雨も降りそうで時折吹く突風が僕の軽く高い690EDRに襲い掛かったり、オフロードヘルメットのバイザーが風で持って行かれます。

大変だけどそれが楽しい。はぁ、ぼっちツーも楽しい!!

そして嬉しいことに、秩父に近づくにつれて雨は止み風も弱まり、ついには雲も消えていき、晴天を拝むことができたのです!!

こういう小さい偶然があるからバイクはやめられない。車だとこういう小さい変化を感じ取りにくいんですよね。

大きな偶然?

秩父の山へ入る予定でしたので、秩父に入る前の最後のコンビニで食糧と水分を購入してガソリンを補給することにしました。ぼっちなのでコンビニ飯で十分!最高の天気と自然の中というスパイスがあればごちそうになります。

コンビニの駐車場に入ると、ついバイクを探してしまう僕。見つけたのはWR250Rが一台だけでした。

バイクを止めてWRを見るとライダーは女性なことに気が付く。もちろんシャイ(ビビリ)な僕は話しかけるようなことはせず(出来ず)颯爽とコンビニ一直線。

食糧とポカリとREDBULLを購入します。

そして、外に出るとオフ車が1台(KTM!)増えており、男性の姿が。

(オフローダーカップル、羨ましい!!)

と思いながら自分のバイクに近寄ると、

???「ぼっちバイカーさんですか?」

僕「フェ?」

大きな偶然が起きた瞬間でした。

プカプカホーンを買ったらオフ車仲間ができました

何で僕だとわかったか聞いたところ

「リスが付いていたので…」

との事。

実は二人ともTwitterでフォローさせてもらっており、僕のしつこいプカプカホーンアッピール!の甲斐あってリスを認知してくれていたのでした。


FREERIDE350とWR250R

二人はモトクロスのレースを見に行く前に少しだけ林道探索をするつもりとのこと。

二人で林道探索なんて羨ましい!!

けど、流石にここで「ご一緒させてもらってもいいですか?」なんてことを言うほど僕は野暮ではないゾ?

そんなことを考えていると

「よろしければ一緒にどうですか?」

お誘い頂けちゃいました!?

という事で林道探索に連れて行ってもらえる事に!

ぼっちで林道探索よりきっと楽しくなるに違いない!やりたいことは午後からでも十分間に合うのです。

この時、唯一気になっているのはぼっちツーだからと髭を剃らず無精髭全開だったことかな。髪も寝癖のまま笑

今後はちゃんとぼっちツーでも髭を剃ろう!(戒め)

突発クエスト発生

突然発生した林道探索クエストに備え、僕はREDBULLを一気飲みしてバフ状態。いよいよ出発です!

・・・・

そして入口到着!

f:id:botti_bk:20160421011102j:plain
入口がヒルクライムなんですけど!?

僕は前回の某山でヒルクライムに失敗して大きくこけたことでヒルクライムには軽いトラウマが。あの滑落する感覚が忘れられないのです…。

でもここで退くわけにはいきませんが、内心ビビりまくり。。。


と、ここで二人を軽く紹介。

緋緒さん:YAMAHA WR250R。僕と同じくらいのレベル。背が高くて度胸ある!
クソネミくん:KTM FREERIDE 350。オフロード上手!教えるのも上手!

人見知りの僕でも楽しくなれるくらい二人は優しくて楽しい人たちでした。二人とも年下なのにすごくしっかりしていて、僕は間違っても家族を放置して山に来たなんて言えないゾ?

ヒルクライム前に写真撮影。


コミネマンポーズ!


なぞのようこそポーズ

天気もいいし、車もいないし、静かだし!

うん、まだ走ってないのにすっごく楽しいゾ~これ。

クエストスタート

例によって要点のみ書きます。

さっそくヒルクライム!

クソネミくんはタイヤの空気圧も抜かず颯爽と登って行ってしまった。。。エェーー。。。。

空気を抜いた後僕もトライ!

前回の失敗を生かしてなるべくあけるように頑張ります。前より土が滑らないせいか、無事クリアできた!

動画撮ってくれたのです。

なお、GoProで撮影していたつもりが逆(撮影したいときにOFF,撮影しなくていい時にON)になっており取れてなかった…。

前回とは違うヒルクライムではありますがトラウマを克服できた感はありました!ただすぐビビって足出す癖治したい…

その後、WRの緋緒さんもビビりながら挑戦!最後の轍にやられてましたが無事クリア!そいえばこの人、前に竹岡林道を走ったとか言っていたな。竹岡林道ってオフ車上級者のShinjiさんがかなりキツイと言っていた記憶が…。緋緒さん、あなたは何者なのですか?

f:id:botti_bk:20160419005005j:plain
彼女はカメライダー

轍 轍 轍!

こんな横の轍が定期的に数えられないほどありました。

f:id:botti_bk:20160421220837j:plain

クソネミくんが、車が来れないようにするためかな?と話していましたが、数が多すぎやしませんかね?


轍を前にすぐ休憩したがる僕

この轍。本当はフロントを上げて飛び越えるのが定石の模様。クソネミくんはササっと通過していきます。僕はスタックを恐れて壁側の繋がっている部分を恐る恐る走る。が、ちょいちょい渡りきれず後輪がスタック。その度に押してもらいながら進みます。

なお緋緒さんも同じようでちょいちょいやられてましたね。スタック仲間がいて心強い(ゲス顔)

絶景

頑張って登って行くとすごく眺めのいいスポットがありました。


左がクソネミくん

山脈が一望できて良いです。この感動を写真で伝えたいけど僕の50mmでは無理でした。うーん、パンケーキレンズゥ、、、

戦略的撤退

そしてその先を進むもまだまだ林道は続いており、これ以上の探索はモトクロスレースに間に合わなくなる為戦略的撤退する事に。

来た道を下ります。


後半は写真撮る余裕なんてなかった

そして、無事下山!

f:id:botti_bk:20160419004839j:plain
下りも怖い( ̄◇ ̄;)

二人とはここでお別れ!楽しかったし林道の続きも気になる!また一緒に走れるといいなぁ。。。

昔のバイクの方がよかったという話は多いですが、こういうネットでの出会いができるのは現代ならではの良さですよね!

無給水

二人とは別れて、まず向かったのは先ほどのコンビニ。

実は僕、買ったポカリをお店に忘れてきちゃって林道で無給水だったんです。。。汗ダラダラだったので軽い脱水症状に。。まぁ、無給水でのダートは前回の方が長時間だったので慣れたものです。

f:id:botti_bk:20160421011050j:plain
カラカラの喉にポカリが染み渡る!

給水後しばらく休憩してガソリン入れつつ出発!

さぁ、やりたいことを始めよう!

やりたかったこと

台風なのに秩父に来た理由は、3年前に200Dukeで事故したルートを走ってトラウマを克服したかったからでした。

あの日も都内は風が強くて秩父は晴れているシチュエーションだったので思い出したんですよね。

バイクにもだいぶ慣れてきた頃に秩父で事故したのは自分のせい。そしてこの頃嫁のお腹には子供がいるという最悪の状態。たくさん後悔したし秩父には二度と行かない!と心に誓ったくらいショックだったのです。

が、林道の関係で690を買ってから秩父には何度も来てます。実は秩父辺りの峠を走っていると冷や汗が出るくらいガクガクしていたのです僕。林道に入ればそんなこと気にする余裕も消えるのですが…

このトラウマを克服するにはあの時と同じルートを一人で無事故で走り抜けるしかない。そう思っていたのです。天気も似ていてこりゃあ今日しかないな、と朝ニュースを見ながら思いついちゃったのですよね。

ということでトラウマやっつけようツーリングスタート!

ルートは?

あの日僕は、交通量が多い峠道に飽きていてもっと山に入ってやろうと、地図も見ずに細い舗装林道や荒れていると有名な県道3ケタの道をひたすら走っていたのです。KTMだからオフ車気分でどこでも行ってやる!って感じでイキってたのかもなぁ。

f:id:botti_bk:20160421010957j:plain
イキっていた200Duke

なのでルートは記憶から思い出すスタイル。

適当に走って、おっ!となった道を走ります。これで本当にトラウマ克服になるのか不安になりつつ走ります。走ります。

f:id:botti_bk:20160421011015j:plain
自然が良く似合う!なんて喜んでたなぁ。

f:id:botti_bk:20160421011006j:plain
でも砂利道は怖くて押して歩く笑

f:id:botti_bk:20160421010949j:plain
この後に事故したんだよなぁ…

写真だと林道にいるみたいですよね。

当時は走りに夢中で見ていなかったのですが、走っていた道はどうやら舗装林道だったようです。交通量も少なくて自然の中を走れる最高の道です。

問題の事故現場も3年ぶりに確認。写真撮り忘れたのですが結構な勾配でのヘアピンカーブでした。県道3桁なので道路も狭く中央線もありません。こんな道を装備無しでイキって走っていたなんて、、、(呆)

事故現場を見た後は適当に峠を戻リつつ、トラウマ討伐完了!!

f:id:botti_bk:20160419211728j:plain
ミッションコンプリート

ということで無事に走り切りました。トラウマを克服できたかはまだ分かりませんが、達成感は確かにありました。これを戒めに、今後も気をつけて走ろう!

まだまだ時間があったのでここからは林道探索!この辺は林道が多いようです。

f:id:botti_bk:20160421011135j:plain
3年前と同じ駐車場で休憩

f:id:botti_bk:20160421011040j:plain
3年前は行けなかった林道

f:id:botti_bk:20160421011114j:plain
誰もこないので写真撮影練習が捗る

f:id:botti_bk:20160421011124j:plain
KTMは自然が似合う!!(成長しない男)

f:id:botti_bk:20160418120645j:plain
お気に入りの一枚

写真自慢になっちゃいましたがこんな感じで充実していました。この日だけでは全然見きれなかったのでまた林道探索でこようかな。

最後に動画を貼っときます!今回も音楽付き!


飯能とか秩父とかまったりツー

カメラの視点がグラグラしてちょっと気持ち悪い…。安全第一だけど、今後はカメラを意識できるときはゆっくり動くようにしよう。

200Dukeの悪夢からはこれで逃れることができそう。

教訓としては、やっぱり行かずに後悔するくらいなら行って後悔しましょう!

こんな感じ。