読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちバイカーのブログ

KTM 690 ENDURO Rでオフロードバイクデビューした初心者バイカー。家庭も趣味も両立してかつバイクを通じて楽しみたい!そんな野心を秘めた趣味ブログ

飯能とか秩父とかの林道へオフロードバイクで遊んできた

こんにちは。ぼっちバイカーです。 

色々とお世話になっている、同じ690乗りの しょう さんから "とあるオフロード乗りのグループで初心者向けの山遊びを企画にがある"というお誘い頂き、参加してみることに。

初心者向けならヘーキヘーキ。

グループでのオフロード遊びも経験してみたかったので脱ボッチにはちょうどいい機会かなと(安易)

※グループごとのポリシー(写真アップや記事の投稿等)が不明な為写真を撮ることが出来ず、内容もざっくりしている所がありますがお察しください

朝練

しょうさんとそのお知り合いの方で集合前に2時間程"朝練習"をするということでせっかくなのでそれも参加してみることに。

飯能あたりに7時集合だったのでうちからは5時過ぎくらいには家を出ないといけない苦行です。特に山近くは気候が低くところどころ凍っており朝練に来たことを後悔!サムイ。

朝練習はフラットダートだけかなと思ったら結構ガレガレな道を下ることに!いまだ下りが苦手なのにさらにガレガレですか。普通に歩くのさえしんどいような斜面を下っていくのはかなり怖い!すでに汗が止まらず、走り出してすぐにサムイ気持ちはなくなりました。

ヒィヒィ言いながら何とか下り終えて二人に合流すると、

「時間あるのでもう一セットいこうか!」

という事に。や、やったぜ!

下りはかなり怖い道でしたが登りは結構楽しい。何度もエンストしたりこけたりしながらなんとか登りきります。走ったことのある道だと安心して走ることができますね。

そして毎度恐怖の下り!前回の反省点で下りも手前でなく先を見ると気持ち恐怖心が消えることが分かったので試したところ多少はマシになりました。とはいえ急な斜面は怖い(^_^;)一回目よりはスムーズに下れた気がしましたが、既に腕はパンパン。膝はガクガク、全身汗びっしょりです。

集合

集合場所のコンビニに着くと、バイクがズラリ。オフ車がこんなに集まるのを見たのは初めて。12台くらいいたのかな。皆さん仲がいいみたいで和気あいあいとされてましたね〜

軽く自己紹介してメンバーをチェック。

うん。僕以外初心者いない( ´ ▽ ` )

「結局いつものメンバーじゃん。アタックいっちゃうか笑」という声が聞こえてガックシ。

※アタックとは普通の林道を走るのではなく山の中に入って行き道なき道を進んでいくこと

・・・

なんやかんや出発する事に。

千鳥走行というのは理論は知っていましたが走るのは初めてでした。(さすがぼっち)

皆さんは一体となってスイスイ走るのに僕がついていけズ…隊列乱して後ろの人に怒られないかずっと気になってしまい、ついていく事にばかり気を取られて運転に全く集中出来ませんでした…

オフロードを走ってすぐに停車。なんだろうと思ったら、アタックするので来れる人は行こう!という事に。僕以外にも自称初心者の方二人を残して皆さんは脇道をバーっと下って行きましたとさ。

この後もフラットダートを走る初心者組3人と、脇道を走るその他という構図で走ることに。

林道入り口で、「アタックしたい人はこっちの脇道から行くので、やめとく人はこっちのフラットダートで登ってきてね!」

というやり取りが何度もあり、本当にアタックが好きなだなぁと。

道は全く覚えられませんでしたがフラットダートでも割とがれ気味の道や雪が積もった道やらで飽きることのない感じ。というか緊張がまったくとれず終始ぎこちなく走っていました。。。僕、メンタル弱すぎ!?

駐輪場での出来事

お昼前くらいに駐車場で休憩していると、一人の250トレールバイク乗りの方が僕らに話しかけてきました。服装を見るとオフロード装備はしておらずツーリングなのかな。(対応したのは僕じゃありません)

その方はネットで募集を掛けて初心者メンバーを募ってオフロードを走っているそうですが、集めたメンバーはみんなだんだん上達するとアタックをするようになってしまい普通の道は走らなくなってしまう。ただその方はアタックは危険なのでしたくなく、まったりフラット林道を走りたいので、メンバーを集めるのをやめたとのことです。

いわゆる林道まったり勢ですね。

「アタックって転んだら痛いし転びたくないじゃないですか~」

という言葉にグループの皆さんの「HAHAHA」っという笑いが。これ宗教戦争だな。

グループの代表の方が「これから軽いヒルクライムしますけど一緒にどうです?^^」と社交辞令で誘い、トレールの方も社交辞令で「装備していないのでまた機会があれば^^」というやり取りをしてお別れ。

どちらもオフロードバイクを楽しんでいるしどちらも間違っていない。自分はどちらなんだろう、とふと考えてしまいます。

林道の下りが怖い

山を登れば下りがあります。下りはフラットでも怖いのはなかなか克服できません。

今回のように後ろにも人がいると気になって余計に体はガチガチににに…。

カーブでうまく曲がれなかったりバイクを止めるのに時間がかかる(急ブレーキできない)のでカーブをもっと練習したらもう少し自信を持って速度を出せる気がするんだよなぁ。

朝練の成果

そんな感じでいいとこナシな僕でしたが、解散する最後の林道はなんと朝練で走ったガレガレ道でした。

今日一日ずっと緊張でうまく走れませんでしたがこの道だけは恐怖心なく走ることが出来ました。アクセル開けても怖くないのはアドレナリンがでているからか。怪我に気をつけつつ楽しく走ることが出来ました。(登りだったのも大きい)

走っている最中も一気に走り抜けたほうがいいポイントも分かっていたので、

「あ、ここ赤ペン先生で出たところだ!」

という気持ちでした!!

解散

夕方までには家に帰りたかった為2時頃にはしょうさんと一緒に離脱。(下山や渋滞の国道が待っている)

が、下山途中に「ヒルクライムアタックができるスポット」があり、せっかくなので何度かヒルクライムに挑戦してみることに!!

上から見ると結構な急坂ですがみなさんバイクでするする降りていきます。僕はわきの道から迂回してアタック場所まで降りていきます^^ちなみにこの脇道ですら結構ガレてて怖い^^;

結果てきに、何とか登ることができました!

何度か挑戦したのですが、最後は調子に乗ってアクセルを開けすぎて軽くジャンプしてしまい、驚いてとっさに足を出してしまいました…。かっこ悪い。

ちなみにアタックに挑戦しようとしたら解散したはずの皆さんもぞろぞろやってきました。有名なお楽しみスポットだったんですねここ。

グループで山遊びをする事

始めてのグループ参加でしたが、結果から言うと今の僕にはグループで山遊びは向いていないと感じました。これはこの参加したグループがという事ではなく、集団行動が苦手なのかなぁと…汗 

今回参加したグループの皆さんは優しく楽しい方々ばかりでしたよ!

見ず知らずの人が沢山いる中で集団のペースで走らなければいけないのでちょっと僕には難しい。少人数である程度僕のペースを理解してくれる人では感じなかったストレスでした。

走るペースが同じくらいであれば楽しくなるのかもしれませんが…初心者グループといのもなんだか別の意味で怖い(^_^;)

林道は一人では危険と言いますが、アタック等しないで無理しなければアリですし一人で走る方が自分のペースやコンディションに合わせて走れるので楽しいです。(負け惜しみ)

ということで当面は今まで通り、ぼっちか少人数(初心者と一緒に走って下さる神様みたいな方がいればですが…)かで山遊びをストレスフリーで楽しむことにしたいと思います。

動画ぁ

写真は無いと言いましたが動画はあります。


20160228秩父とか飯能あたりの山遊び

0:00」ヒルクライム遊びスポットを上から見た図
0:12:ヒルクライムちょうせん(しょうさん)
0:18:ヒルクライムちょうせん(僕)
0:28:よくわからない道
1:01:さわやかちょいガレ林道
1:29:朝練で走ったガレ道。カメラが下向きすぎてカオス
2:38:こけた(氷山の一角)
2:46:ヒルクライムで予想外にジャンプしてテンパる僕

最後のジャンプは動画を撮ってくださいました


KTM 690 ENDURO R ヒルクライム→ジャンプ

足を出して危ないですね…次はがっちりスタンディングで決めたいものです。

終わりよければすべてよしじゃないですが、結果的にけがなく楽しく終わってよかった。思い返すとすごく楽しい山遊びとなり大満足の一日でした!

こんな感じ。