読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちバイカーのブログ

KTM 690 ENDURO Rでオフロードバイクデビューした初心者バイカー。家庭も趣味も両立してかつバイクを通じて楽しみたい!そんな野心を秘めた趣味ブログ

オフロードバイク初心者の僕がアクションカムGoPro HERO4 Sessionを購入した理由

こんにちは。ぼっちバイカーです。 

今までの暖冬が嘘のように昨日は雪が降ったり交通機関が乱れたりと大変な1日でした。今日は溶けた氷がカッチコチに凍っているのでさらに恐怖...

雪国の方からしたら日常なのでしょうが、、、

アクションカム買っちゃいました

バイクを楽しむグッズとして多くの方が購入を検討するのが、アクションカムです。

一番の狙いは自分が見た風景を残しておきたいと思ったことでした。今後、老後など暇な時間ができた時に走行動画を見直すのも楽しいかなと。

あとは今後複数人で走った時に僕の前のバイクの方はカメラで撮影してあげられますし、カメラに映りたい人なら僕のペースに合わせてゆっくり走ってくれるかも・・・というのも期待しています。

安くない値段なので購入はまだ先の予定でしたが家族の記録を残すのにも使えるので思い切って購入することにしました。

どのアクションカメラにするか

僕はカメラも動画も詳しくないのですが、一般的に家庭用のビデオカメラより軽量で小さく防水防塵を備えたものがアクションカムと呼ばれているようです。

僕が求めるものは以下でした

  • 1080p 60fps撮れる
  • 防水・防塵
  • 口元で撮影したい
  • 配線が面倒くさくない
  • 価格が高くない

1080p 60fps撮れる

1080pは画質、60fpsは1秒間に60枚撮影できることを指します。Youtubeでバイク動画を見ていて綺麗だと思ったものは大抵1080pか720pで60pfsのものだったのが根拠です。

逆に4Kなどの高解像度の物はパソコンのスペックが追いつかないのとファイル管理が大変になるので、今の僕には無用の長物となる可能性が高いです。

防水・防塵

オフロード走行もするので濡れることもあるかもしれませんし、泥や埃も多いのでその辺の対策がされているものが最低条件です。

雨を気にしたりしたくもないですし。

口元で撮影したい

Youtubeのバイク動画を見ていて僕は一番口元マウントがいいアングルだと思っています。

マウントの位置は「ヘルメットの一番上(殿様マウント)」「ヘルメットの左か右(ゴーグルマウント)」「バイクのタンクマウント」あたりが定番でしょうが不満がそれぞれあります。

殿様マウント:見渡せる視点はいいが、視点が高すぎる
ゴーグルマウント:視点の高さが目線あたりなのはいいがヘルメットが横に写り込む
タンクマウント:大型単気筒特有の振動がすごすぎてブレブレになる(そもそも僕のバイクはタンクがシート下)

ということで口元マウントが目線よりやや視点が低くハンドル周りも映るので絵になると思うのです。

アクションカム未使用者の意見なので本当は違うのかも・・・。

配線が面倒くさくない

少し調べると、カメラ本体だけでは防水ではない為ハウジングというカメラケースを購入する必要がある商品も多いようです。

ただ、ハウジングをつけると今度は音が拾いにくい為外付けのマイクを接続して…とかなり面倒くさくなるようです。

映像もこだわりつつエンジン音をこだわりの位置で録音したいとか、自分の声をはっきり聞こえるようにマイクをヘルメット内に配置したいとか、外付けのマイクを有効活用する方には当たり前なのかもしれませんが、今の僕にはカメラ単体でしっかり撮影出来て音もある程度の速度なら問題なく拾ってくれるカメラで十分なのです。

価格が高くない

それほど高性能なアクションカメラではなくそこそこお気楽に簡単に使えるカメラが欲しいので、予算は頑張っても3万円くらい。

候補は?

動画撮影や編集に明るくないのでユーザーが多いメーカーにしたいと思い、GoProかSonyのアクションカムを調べました。

Sony アクションカム

調べた印象ではSonyの方がスペックに対して価格が安い印象でした。GPS機能も付いているので使い勝手が良さそう。手ぶれ補正目当てで買う人が多いようですね。

検討したのは HDR-AS200V というミドルクラスのモデル。問題は防水機能はケース(ウォータープルーフケース)を付けないといけないところ。音質は聞き取りにくくなるけど聞こえなくなるほどではないので問題ないようですが、、、

GoPro

一方、プロモーションに金をかけていると悪名高いGoPro。確かにフラッグシップモデルの GoPro HERO4 Black Editionは五万円を超えますし高い!

f:id:botti_bk:20160119081848j:plain

その"プロモーション"に騙されて(?)購入しているユーザーは多いようで、Youtubeのバイク動画は大抵GoPro。映像も綺麗です。

ただやはりハウジングをしないと防水ではないとの事。

・・・と思っていたらGoPro HERO 4 Seesion というものが出ていました。

カメラが小さく本体のみで防水。しかもマイクが2つあり音がいい方を拾ってくれるそうです。バイクの風切り音など。お手軽ですしシンプル!

バッテリが内臓で取り出せないのが欠点ですが、それほど長時間は撮影しないのと充電しながら撮影することもできるようですので問題なしかと思います。

ガッチリ綺麗な動画を長時間撮影するようになったらもっとハイスペックなカメラを検討するつもりです。

値段もリリース時は5万円だったのがさすがに高すぎたようで現在は3万円の価格設定に。これが適正価格だよなぁ。

アクションカメラ入門したい僕にはピッタリ!

ということで、GoPro HERO4 Session買っちゃいました!!

貯まりまくっていて使うあてのなかったビックカメラのポイントを使ったので安く買えました。

マウント位置はもちろん

口元マウント!

ヘルメットにはビーコムも付いているので盗難がいよいよ怖くなってきました。メットは持ち歩かないとですね(^_^;)

かなり詳しいインプレ書きました!!

www.botti-bk.com


さらに1TB分動画を撮影したので改めてインプレを書きました。GoPro Hero 4 Session と 5 Sessionの違い等も書いていますので併せてお読みください。

www.botti-bk.com