ぼっちバイカーのブログ

KTM 690 ENDURO Rでオフロードバイクデビューした初心者バイカー。最近250EXCヘ乗り換え。家庭もバイクも両立して楽しみたい!そんな野心を秘めた趣味ブログ

KTMの690シリーズの持病、燃料ポンプの不具合について調べてみた

こんにちは。ぼっちバイカーです。 

暇なのでKTM 690のLC4エンジンあるある事象のNo1である「燃料ポンプ故障」についてちょっと調べてみました。

燃料ポンプ故障とは

690に限らず、燃料ポンプという部品が壊れることで燃料(ガソリン)がエンジンに行かなくなり内部燃焼が起きない、結果「エンジンがかからない」ということになるようです。

そもそも燃料ポンプってなに?

画像検索したところこんなもののようです。

f:id:botti_bk:20151112113919j:plain
引用:supermotojunkie.com

燃料ポンプ(ねんりょうポンプ、英語:fuel pump)とは、主にエンジンやボイラーなどに液体の燃料を供給するポンプである。 引用:wikipedia.org

故障原因としては、このポンプに不純物が詰まる模様。ガソリンを入れる時にどうしても不純物は入ってしまいますしね。

このポンプの前には 燃料フィルター というものがごみを除去するのですがフィルターも不純物が詰まる→ポンプに負荷がかかる→ポンプ故障のコンボとなるようです。

後はエンジン?マフラー?の熱さのせいでポンプ自体がイカれる場合があるようです。マジですか。

f:id:botti_bk:20151112113929j:plain 引用:tk-kijima.co.jp

燃料フィルターは燃料を供給する配管系統の途中にあって、意図せず混入している粒子などを取り除く機能を果たす。金属製カートリッジ内に詰められたろ紙であったり、簡単な金属製の網だけで作られるものもある。 引用:wikipedia.org

ちなみに交換した場合のパーツ代は、燃料ポンプ > 燃料フィルター の模様。

つまり、以下が大切なのかも?

  • ガソリン給油時はなるべくゴミが入らないようにする
  • 燃料フィルターを積極的に交換する
  • 熱対策をする(燃料タンクを断熱材で巻くなどでしょうか)

メーカー保証期間中は安心ですが、メーカー保証が切れてからは自分で出来るようになりたいですね。

Youtubeで非メカニックの方が690 ENDURO Rの燃料フィルター交換をしている動画を発見!忘れないよう張っておきます。

メーカーの対策は?

対策するも未だに出続けるようです。ただ数万キロ走っても問題ない人もいるようですので当たり外れですね。

どんなことが起きようと運命だと思って受け入れる所存です。

明日から・・・

f:id:botti_bk:20151120121643p:plain

http://www.naps-jp.com/web/sale/

ナップス全店でセールがあるようです!!とりあえず様子みてこようかと思ってます~。

そんな感じです

恒例の 納車マダー?

f:id:botti_bk:20151118115132g:plain